こうご司法書士事務所ブログ 払込みがあったことを証する書面 -ネットバンキングの場合-
fc2ブログ

こうご司法書士事務所ブログ

調布市西つつじヶ丘(東京都多摩地域)の「こうご司法書士事務所」のブログです。調布市、三鷹市、武蔵野市、府中市、狛江市等の多摩地区を中心に、相続、相続登記、不動産登記、商業登記、成年後見、過払い金返還請求等の業務を行っています。

払込みがあったことを証する書面 -ネットバンキングの場合-

 株式会社の設立登記申請では、「払込みがあったことを証する書面」を添付する必要があります。
 出資金がきちんと払い込まれていることを証明するためです。

 募集設立の場合、払込金保管証明書が必要となりますが、発起設立の場合、保管証明書は必要ありません。
 一言でいうと、
募集設立:発起人以外にも株主になってもらう場合
発起設立:発起人=株主の場合
 ということになります。 
 起業されたり、個人事業主の法人なりで会社を設立する場合、発起設立がほとんどなので、以下、発起設立を前提に話を進めていきたいと思います。


 発起設立の場合に具体的にどのような書類が必要かというと... 

 発起設立の場合、設立登記申請の添付書類として、どこどこという金融機関にいくら払い込まれた、ということを代表取締役が証明する書類が必要になります。
 代表者の記名押印(代表者印)のある「払込みがあったことを証する書面」というような書類を作って、通帳のコピーをホチキス止めすることになります。
 この程度のものでよいのかと思われるかもしれないですが、広く株主を募集する募集設立と違って、発起設立は発起人=設立時の株主ですので、そこまで厳密に証明する実益はないということになります。


  ネットバンキングの場合は?? 

 ところで、ネットバンキングの場合、通帳がありません。
 この場合どうすればいいのでしょうか?
  
 以前、東京法務局管内の某出張所に問い合わせたところ、

払込先金融機関名
口座名義人名
払込日
払込金額


 が載っていれば、その画面を印刷したものでOKとのことでした。

 ひとつの画面に全部載っていない場合は、ひとつ手前のリンク画面等もコピーして、各項目が紐付いているようにコピーして、添付すればよいとのことでした。

 つまり、代表者の記名押印(代表者印)のある「払込みがあったことを証する書面」を作成し、ネットバンキングの画面をコピーし、ホチキス止めし、代表印で割り印すると、ネットバンキング版「払込みがあったことを証する書面」が完成することになります。

 一応そういうことになりますが、ご自身で登記申請をされる場合、念のため、登記申請の前に受け付けてもらえるかを確認したほうがいいと思います。
スポンサーサイト



[ 2015/04/23 11:59 ] 商業登記 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こうご司法書士事務所

Author:こうご司法書士事務所
相続・後見・登記・債務整理など、調布、三鷹、武蔵野を中心に、多摩地区、東京近郊、そして全国からのご依頼お問い合わせをお待ちしております。

事務所概要
こうご司法書士事務所
司法書士 向後弘之
東京都調布市西つつじヶ丘3-26-7
アーバンフラッツMA202
TEL042-444-7960
FAX042-444-7986
HP こうご司法書士事務所
Email gsktn@kyf.biglobe.ne.jp