こうご司法書士事務所ブログ 代襲相続(だいしゅうそうぞく)
fc2ブログ

こうご司法書士事務所ブログ

調布市西つつじヶ丘(東京都多摩地域)の「こうご司法書士事務所」のブログです。調布市、三鷹市、武蔵野市、府中市、狛江市等の多摩地区を中心に、相続、相続登記、不動産登記、商業登記、成年後見、過払い金返還請求等の業務を行っています。

代襲相続(だいしゅうそうぞく)

 相続の順位と法定相続分の続きです。

 相続の順位と法定相続分において、孫や甥、姪が相続人となることはあるのかという問題提起をしました。 

 結論から言うと、そういうこともあります。

 本来相続人になるはずだった人が相続が発生する前に亡くなっていたときは、相続人になるはずだった人の子どもが相続人としての権利を引き継ぎます。
 このことを代襲相続といいます。

 代襲相続は、配偶者や直系尊属には認められておらず、子と兄弟姉妹について認められています。

 つまり、被相続人であるお父さんよりも子どもが先に亡くなってしまった場合で、孫がいる場合、孫が相続人(代襲相続人)となります。
 この場合には、他に子どもがおらず、直系尊属や兄弟姉妹が存命である場合でも、直系尊属や兄弟姉妹は相続人にはならず、孫が相続人となります。

 また、被相続人が亡くなった際、妻がおり、子ども(孫等も)おらず、甥と姪がいる場合は、妻と、甥、姪が相続人になります。
 兄弟姉妹はすでに亡くなっていますが、兄弟姉妹が相続するはずだった相続分を兄弟姉妹の子である甥姪が代襲相続するからです。

 このような場合で、甥や姪に財産を相続させたくない、妻に全財産を相続させたいという場合は遺言を書いておくほうがいいかもしれません。
 兄弟姉妹(その代襲者である甥や姪も)には、遺留分がないので、法律の定める様式に従った遺言をしておけば、遺言の通りの相続が実現することになります。

 では、代襲者もすでに亡くなっている場合はどうでしょうか?
 その場合には、再代襲という制度があります。
 代襲者の子が亡くなっている場合、代襲者に子どもがいる時は、その子どもが更に代襲して(再代襲)、相続権を承継することになります。

 なお、兄弟姉妹の場合、再代襲の制度はないので、甥姪の子どもに再代襲されることはないです。

 相続人が養子の場合、その子どもは代襲相続するのか等、代襲相続にはいくつかの論点がありますが、ここでは深入りは避けることにしたいと思います。


 さて、代襲相続の概略は以上ですが、ひとつ、誤解しないように注意する必要があることがあります。

 代襲相続とは、被相続人→相続人という順番で亡くなったときではなく、相続人になるはずだった人→被相続人の順番で亡くなった時のことを定めたものです。

 ですので、被相続人→相続人の順番で亡くなった時には、通常通り相続の規定が適用されます。

 被相続人が亡くなった後、すぐに相続の手続をすればこのような混乱は起こりませんが、被相続人が亡くなり、相続の手続をしないうちに、相続人も亡くなり、新たな相続が発生したような場合(いわゆる数次相続)には、混乱が生じかねません。

 数次相続の場合、まずは、最初の相続(第一次相続)によって、相続人に相続されます。
 その後、相続人からさらにその相続人に相続されます。

 例えば、被相続人→被相続人の弟さんの順番で亡くなった場合で、土地建物が被相続人の名義のままだったとします。
 被相続人に子どもや孫はおらず、弟さんには奥さんと子どもが一人(被相続人から見て姪)がいるとします。

 この場合、被相続人、弟さんの二回の相続が発生しています。
 相続権を持つのは、奥さん、弟さんの奥さん、姪御さんの三名になります。

 代襲相続と違い、数次相続では弟さんの奥さんにも相続権が発生しています。
 また、弟さんに確定的に相続権が承継されており、代襲相続(再代襲)の問題は発生しないので、姪御さんに限らず、その下の世代の弟さんの子孫も、相続問題が解決しない限り、相続人になることになります。
 
 このように、亡くなる順番によって相続人が変わってくることがあるので注意が必要です。
 今回の例は数次相続でも一番シンプルな例ですが、何代にもわたって放っておいたり、兄弟が多いような場合、相続人が多岐にわたり、複雑な相続になってしまいます。
 
 亡くなった方(被相続人)に直系の卑属(子孫)がいないときは、特に注意が必要になり、紛争を避けるためにも、遺言の必要性が増していくことになります。
 

※なお、以前の法律では、兄弟姉妹にも再代襲が認められていました。相続の登記等をする場合、あくまで相続が発生したときの法律が適用されるので、兄弟姉妹にも再代襲が認められていた時代に被相続人が亡くなっている場合、兄弟姉妹の子の子にも再代襲による相続権がある可能性があるので、注意が必要です。
スポンサーサイト



[ 2015/06/01 14:38 ] 相続 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こうご司法書士事務所

Author:こうご司法書士事務所
相続・後見・登記・債務整理など、調布、三鷹、武蔵野を中心に、多摩地区、東京近郊、そして全国からのご依頼お問い合わせをお待ちしております。

事務所概要
こうご司法書士事務所
司法書士 向後弘之
東京都調布市西つつじヶ丘3-26-7
アーバンフラッツMA202
TEL042-444-7960
FAX042-444-7986
HP こうご司法書士事務所
Email gsktn@kyf.biglobe.ne.jp