こうご司法書士事務所ブログ 相続の順位と法定相続分
fc2ブログ

こうご司法書士事務所ブログ

調布市西つつじヶ丘(東京都多摩地域)の「こうご司法書士事務所」のブログです。調布市、三鷹市、武蔵野市、府中市、狛江市等の多摩地区を中心に、相続、相続登記、不動産登記、商業登記、成年後見、過払い金返還請求等の業務を行っています。

相続の順位と法定相続分

 相続が発生したとき、誰にどのように相続させるかは、民法によって定まっています。
 どのように定まっているかをまとめてみようと思います。
 
 なお、生前であれば、遺言をすれば、異なる割合で相続(あるいは遺贈)させることもできます(ただし、遺留分という制度があります)。
 また、遺産分割協議によって、法定の相続分と異なる割合で相続することもできます。

 今回のお話は、あくまで、民法上、誰がどのような割合で相続人となるかについてのお話ということになります。

 まず、配偶者がいる場合、配偶者は常に相続人になります。
 ただし、配偶者以外にだれが相続するかによって、相続分の割合は異なってきます。

 次に、子どもがいる場合、子どもが相続人となります。
 配偶者と子どもがいる場合、相続分の割合は配偶者二分の一、子ども二分の一になります。
 子どもが数人いる場合、子どもに割り振られた二分の一を子どもたちで分け合うことになります。

 子どもがいない場合、直系尊属が相続人になります。
 直系尊属とは、お父さんお母さん、あるいはおじいさんおばあさんということになります。
 配偶者と直系尊属がいる場合、配偶者三分の二、直系尊属三分の一になります。

 なお、直系尊属であれば絶対に相続人になるというわけではありません。
 被相続人と親等が近い者がいれば、その人が相続人となり、親等の遠い人は相続人にはなれません。
 つまり、たとえば、お父さんが生きているのに、おじいさんが相続人になることはできません。

 また、同一親等で複数の相続人がいる時は、それらの人で相続分を分け合うことになります。
 例えば、お父さんとお母さんが双方存命の場合、その二人で直系尊属に割り振られた相続分を分け合うことになります。
 お父さんお母さんが双方亡くなっており、父方の祖父母が存命、母方の祖母が存命というときは、その三人で直系尊属に割り振られた相続分を分け合うことになります。

 子どもも直系尊属もいない場合、兄弟姉妹が相続人になります。
 配偶者と兄弟姉妹が相続人となる場合、配偶者の相続分が四分の三、兄弟姉妹の相続分が四分の一となります。
 兄弟姉妹が複数いる時には、それらの人で兄弟姉妹に割り振られた相続分を分け合うことになります。

 亡くなった方に、弟さんとおじいさんしか身内がいなかった場合、相続人となるのは弟さんではなくおじいさんなので注意が必要です。

 そして、配偶者も子どもも直系尊属も兄弟姉妹もいない場合、相続人がいないということになります。


 更に、違憲判決があり話題になった非嫡出子(嫡出でない子)の相続分や父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹(異母兄弟、異父兄弟)の相続分の定めもあります。 

 この辺については間もなく法律が改正されるでしょうが、相続分等についてはこれまでも何回も法律が改正されており、あくまで現在の法律にそのように定まっているというだけであり、今後変わる可能性は大いにあるということは押さえておく必要があると思います。
 

 また、今回のまとめだけでは分からない部分もあります。
 例えば、孫が相続人となることはないのかという問題です。
 ある人が亡くなって、その人には子供はいません。
 お父さんは存命、5年前にお子さんは亡くなってしまったが、お子さんの子ども(つまり孫)がいる。
 先程の例だと、子がなく、直系尊属がいるので、直系尊属であるお父さんが相続人になってしまうのか...

 或いは、相続人に配偶者がおり、直系尊属は全てすでに亡くなっている。
 兄弟姉妹も既に全員亡くなっている。
 兄弟姉妹の子ども(つまり甥姪)が何人かいる。
 この場合、兄弟姉妹がいないから、配偶者が全財産を相続することになるのか?
 疎遠な甥明に財産を相続させたくないが、大丈夫か...。

 この辺をはっきりさせる制度として、民法は代襲相続という制度を設けています。
 代襲相続については、また後日書きたいと思います。 
スポンサーサイト



[ 2015/05/31 16:51 ] 相続 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こうご司法書士事務所

Author:こうご司法書士事務所
相続・後見・登記・債務整理など、調布、三鷹、武蔵野を中心に、多摩地区、東京近郊、そして全国からのご依頼お問い合わせをお待ちしております。

事務所概要
こうご司法書士事務所
司法書士 向後弘之
東京都調布市西つつじヶ丘3-26-7
アーバンフラッツMA202
TEL042-444-7960
FAX042-444-7986
HP こうご司法書士事務所
Email gsktn@kyf.biglobe.ne.jp