こうご司法書士事務所ブログ 故人の過払い金を請求できるか
fc2ブログ

こうご司法書士事務所ブログ

調布市西つつじヶ丘(東京都多摩地域)の「こうご司法書士事務所」のブログです。調布市、三鷹市、武蔵野市、府中市、狛江市等の多摩地区を中心に、相続、相続登記、不動産登記、商業登記、成年後見、過払い金返還請求等の業務を行っています。

故人の過払い金を請求できるか

 亡くなったお父さん(お母さん)が消費者金融等取り引きしていたが、その過払い金を請求できるかという質問を受けることがあります。

 結論から言うと、故人(被相続人)の過払い金を相続人が請求することはできます。

 相続は、包括承継、つまりあらゆるもの全て一切のものを相続することが原則だからです。
 過払い金返還請求権も財産権であり、当然相続の対象となります。

 ですので、相続人が故人の過払い金返還請求をすることはできるのです。

 過払い金返還請求権は相続されるとして、借金が残っていた場合、その借金も相続されるのでしょうか?

 結論から言うと、借金も相続されるのが原則です。
 過払い金返還請求権や売掛金のようなプラスの財産(積極財産)だけでなく、借金や債務も当然相続の対象となります。

 借金を相続したくない場合どうしたらいいのでしょうか?
 親が亡くなったら、親の借金を肩代わりしなくてはならないのでしょうか?

 相続の放棄をすれば、親の借金を相続しないことができます。

 この、相続の放棄は、相続があったことを知ったときから3ヶ月以内にしなくてはなりません。
 その期間(いわゆる熟慮期間)を過ぎてしまうと、借金も含めて相続したことになってしまいます。
 この、3ヶ月以内というのは、被相続人が亡くなったときから3ヶ月以内ではなく、自己のために相続の開始があったことを知った時から3ヶ月以内と定められています。

 ですので、親御さんが亡くなってから3ヶ月過ぎたから、もう親御さんの借金から逃れられないと諦めてはいけません。

  自己のために相続の開始があったことを知った時から3ヶ月以内の解釈次第で、それ以降も相続放棄ができる可能性があります。

  これ以上は、故人の過払い金を請求できるかというテーマから外れてしまうので、また別の機会に書きたいと思いますが、いつまでも放棄できるわけではないので、被相続人の借金が明らかになった場合、できるだけ早く専門家に相談するか、ご自身で相続放棄等の手続をすることをお勧めします。

<参考>
民法第915条1項  相続人は、自己のために相続の開始があったことを知った時から三箇月以内に、相続について、単純若しくは限定の承認又は放棄をしなければならない。
  ただし、この期間は、利害関係人又は検察官の請求によって、家庭裁判所において伸長することができる。
        2.項  相続人は、相続の承認又は放棄をする前に、相続財産の調査をすることができる。

民法第921条 次に掲げる場合には、相続人は、単純承認をしたものとみなす。
一  相続人が相続財産の全部又は一部を処分したとき。ただし、保存行為及び第602条 に定める期間を超えない賃貸をすることは、この限りでない。
二  相続人が第915条第1項の期間内に限定承認又は相続の放棄をしなかったとき。
三  相続人が、限定承認又は相続の放棄をした後であっても、相続財産の全部若しくは一部を隠匿し、私にこれを消費し、又は悪意でこれを相続財産の目録中に記載しなかったとき。ただし、その相続人が相続の放棄をしたことによって相続人となった者が相続の承認をした後は、この限りでない。


 

相続人は、自己のために相続の開始があったことを知った時から3ヶ月以内に、単純承認、限定承認、または相続放棄をしなければならない」と定められています(民法915条1項本文)。
スポンサーサイト



[ 2015/05/29 14:56 ] 過払い金 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こうご司法書士事務所

Author:こうご司法書士事務所
相続・後見・登記・債務整理など、調布、三鷹、武蔵野を中心に、多摩地区、東京近郊、そして全国からのご依頼お問い合わせをお待ちしております。

事務所概要
こうご司法書士事務所
司法書士 向後弘之
東京都調布市西つつじヶ丘3-26-7
アーバンフラッツMA202
TEL042-444-7960
FAX042-444-7986
HP こうご司法書士事務所
Email gsktn@kyf.biglobe.ne.jp