こうご司法書士事務所ブログ 相続人申告登記
fc2ブログ

こうご司法書士事務所ブログ

調布市西つつじヶ丘(東京都多摩地域)の「こうご司法書士事務所」のブログです。調布市、三鷹市、武蔵野市、府中市、狛江市等の多摩地区を中心に、相続、相続登記、不動産登記、商業登記、成年後見、過払い金返還請求等の業務を行っています。

相続人申告登記

 相続登記の義務化に伴って、「相続人申告登記」という新たな登記が新設されます。
 相続人申告登記と呼ばれるのは、不動産登記法の新76条の3のことです。

第76条の3(相続人である旨の申出等)
前条第1項の規定により所有権の移転の登記を申請する義務を負う者は、法務省令で定めるところにより、登記官に対し、所有権の登記名義人について相続が開始した旨及び自らが当該所有権の登記名義人の相続人である旨を申し出ることができる。
2 前条第一項に規定する期間内に前項の規定による申出をした者は、同条第1項に規定する所有権の取得(当該申出の前にされた遺産の分割によるものを除く。)に係る所有権の移転の登記を申請する義務を履行したものとみなす。
3項以下略

 法務局のパンフレットによると、「相続人が申請義務を簡易に履行することができるようにする観点から、新たな登記を設ける」と書いてあります。

 この「相続人申告登記」はまだ始まっていない制度ですが、実際にどれくらいこの登記がなされるかは疑問が残るところです。

 「相続人申告登記」には、法務局のパンフレットがいうところの「相続人が申請義務を簡易に履行することができるようにする」ということ、言い方を変えると、相続人申告登記により相続登記の義務を果たすことになり、過料を免れることになる、という意味がありますが、逆に言うと、それ以外の意味はなさそうです。
 ここで、相続登記の申請義務を免れるためだけに、「相続人申告登記」を利用する人がどれくらいいるのかという疑問がわいてきます。
 
 相続登記義務化以降は、決められた期間(3年以内)に相続登記をしないと10万円以下の過料に処せられる可能性が出てきます。
 義務化前に発生した相続については、「義務化されてから3年」となります(義務化時点で、自己のために相続が開始したことや所有権を取得したことを知らなかった場合には、知ってから3年となり、さらに後となります)。

 従って、義務化されてから3年経たないと、過料が課される事例は出てこないことになります。
 それまでは、どれくらいの事案で過料が課されるのか、課されるとしていくらなのか(「10万円以下」と規定されていますが、実際にいくらなのかはまだ誰にもわかりません)、未知数な部分があります。

 相続登記の義務化以降は、どんな場合でも、3年以内に相続登記をしないと過料が課されるわけではありません。
 「正当な理由」がある場合には、過料は課されません。
 この「正当な理由」がどのような場合を指すのかも、正確なところは、実際に運用が始まってみないことにはわかりません(一応、正当な理由の例は示されていますが)。

 そして、相続人申告登記ですが、手数料はかからないようですが、添付書類を集めるのには費用が掛かりますし、登記を専門家に依頼すると専門家報酬が発生します。

 このような状況では、「相続人申告登記」制度がどれくらい利用されるのかは未知数だと言わざるを得ません。

 2024年4月から相続登記は義務化されますが、義務化されてしばらくは、相続人申告登記はあまり利用されないのではないかと思います。

 とはいえ、2027年4月(義務化後3年)が近づくにつれ、相続人申告登記の利用は増えてくるのではないかと思います。

 また、例えば、次のような場合には、相続人申告登記の利用価値があると思います。
 何らかの理由で、義務化以降も相続登記をする意味がなかったり、できなかったりする場合です。

 田舎の土地で、ほとんど無価値に近い。
 相続人がたくさんおり、無価値な土地の手続きをするのに、かなりの手間と費用がかあkる。

 対象となる土地はあまり価値がない。
 相続人の一人に失踪者がいるが、その者について失踪宣告をしたり、不在者財産管理人を選任してまで、相続登記をする実益がほとんどない。

 数次相続の結果、数次相続の相続人の一人が、相続人がいない状態で亡くなってしまった。
 この者に対して、相続財産管理人(清算人)を選任委してまで、相続登記をする実益が見いだせない。

 相続人の中に認知症の人がいる。
 判断能力がない場合、認知症の相続人のために成年後見人の選任をし、成年後見人が本人に代わり遺産分割協議をする必要があるが、親族が成年後見開始に反対している。
 そのため、今後しばらく、遺産分割協議ができる見込みがない。

 これらの場合に、正当な理由があるとして過料を免れられるのかは不明ですが、過料を免れられない可能性があり、少なくとも運用状況がはっきりするまでは、相続人申告登記を利用しておく実益があるように思います。

 このように考えると、「相続人申告登記」には、一定の意味があるとは思いますが、どれくらい利用されるのかは、興味のあるところですし、制度の開始を待ちたいところです。
 
スポンサーサイト



[ 2023/04/03 08:42 ] 相続 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こうご司法書士事務所

Author:こうご司法書士事務所
相続・後見・登記・債務整理など、調布、三鷹、武蔵野を中心に、多摩地区、東京近郊、そして全国からのご依頼お問い合わせをお待ちしております。

事務所概要
こうご司法書士事務所
司法書士 向後弘之
東京都調布市西つつじヶ丘3-26-7
アーバンフラッツMA202
TEL042-444-7960
FAX042-444-7986
HP こうご司法書士事務所
Email gsktn@kyf.biglobe.ne.jp