こうご司法書士事務所ブログ マイナンバーカードと健康保険証の一体化、紙の健康保険証は廃止??
fc2ブログ

こうご司法書士事務所ブログ

調布市西つつじヶ丘(東京都多摩地域)の「こうご司法書士事務所」のブログです。調布市、三鷹市、武蔵野市、府中市、狛江市等の多摩地区を中心に、相続、相続登記、不動産登記、商業登記、成年後見、過払い金返還請求等の業務を行っています。

マイナンバーカードと健康保険証の一体化、紙の健康保険証は廃止??

 マイナンバーカードと健康保険証が一体化し、紙の健康保険証の廃止を目指すことをデジタル相が発表したというニュースが在りした。

 あらゆるものがマイナンバーに紐付けされることについては、勿論リスクもあると思うのですが、そうしたことを肯定するのが世の中の流れなのだろうなと思います。
 (副作用があるにせよ)、「正常」な人にとって便利なのは間違いないのだと思います。

 ただ、後見制度との親和性という点では疑問が残ります。
 
 まず、マイナンバーカードの取得の問題です。
 今現在も、一応、後見人が被後見人に代わって、マイナンバーカードの交付を受けることはできます。
 しかし、マイナンバーカードがないと保険証が使えないのであれば、もっと簡単に代理人が取得できるようにすべきだと思います。

 もう一つの問題は、特養や有料老人ホーム、病院などが保険証をあずあkってくれるかということです。

 現在、被後見人が施設に入所しているような場合、多くの場合には、施設に保険証を預けています。
 そうしないと、例えば、後見人が保険証を管理しているような場合、病院に行きたいような場合に、後見人が保険証を施設に持参しなくてはならなくなってしまいます。
 施設に保険証を預けておけば、そのような迂遠なことをしなくても、施設の職員が被後見人の保険証を持って、被後見人を病院に連れて行くことができます。

 裏面にマイナンバーが印刷しておあるようなカードを、施設が預かってくれるとは思えません。
 
 これは、結構困った問題だと思います。

 一つの解決策として、マイナンバーカードからマイナンバーの記載を外すことを検討してみてはどうでしょうか?
 マイナンバーカードの磁気部分にマイナンバーが記録され、カードに顔写真があれば、券面に番号が書いてなくても問題はないのではないでしょうか?
 券面にマイナンバーの記載がなければ、施設側もカードを預かってくれやすくなるのではないでしょうか。


 もっと深刻な問題として、家族も後見人もいない、独居のご老人はどうするのでしょうか?
 後見人のような代理でカードを取得していくれる人がいない場合、包括や社協の方、市の福祉課の人が取得を手伝ってくれるのでしょうか。
 まさか、マイナンバーカード取得のためだけに、後見人を選任するのでしょうか??

 マイナンバーカードにあらゆるものが紐付けられるとしたら、多くの人にとっては便利なのだと思います。
 そこまで考えられているのか分からないですが、わざわざ、保険証だけでなく、限度額証を提示する必要があるのは不便だし、介護保険の保険証に至っては、負担割合証とか限度額認定証とかと、保険証の他に二つも必要な場合もあるし。
 介護保険も含めて、一つのカードの提供で全てが済み、負担割合もすぐに分かり、還付金(高額療養費や高額介護サービス費、合算)の還付も、何も手続きしなくても、紐付けられた口座に自動的に還付されたら、楽だろうし。
 
 しかし、地力で手続きできない人をどうするのか、それを考える必要があると思います。

 余談ですが、介護保険の保険証は、まいなんばーカードと一体化するのは難しいのだろうなあ。
 病院に比べて、介護事業者のほうが、マイナンバーカードの読み取りに対応するのが大変そうだし。
スポンサーサイト



[ 2022/10/17 16:07 ] 後見 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こうご司法書士事務所

Author:こうご司法書士事務所
相続・後見・登記・債務整理など、調布、三鷹、武蔵野を中心に、多摩地区、東京近郊、そして全国からのご依頼お問い合わせをお待ちしております。

事務所概要
こうご司法書士事務所
司法書士 向後弘之
東京都調布市西つつじヶ丘3-26-7
アーバンフラッツMA202
TEL042-444-7960
FAX042-444-7986
HP こうご司法書士事務所
Email gsktn@kyf.biglobe.ne.jp