こうご司法書士事務所ブログ 枝番(民法860条の2)って何?
fc2ブログ

こうご司法書士事務所ブログ

調布市西つつじヶ丘(東京都多摩地域)の「こうご司法書士事務所」のブログです。調布市、三鷹市、武蔵野市、府中市、狛江市等の多摩地区を中心に、相続、相続登記、不動産登記、商業登記、成年後見、過払い金返還請求等の業務を行っています。

枝番(民法860条の2)って何?

 東京都調布市のこうご司法書士事務所です。
 東京都の多摩地区、調布市や三鷹市を中心に、相続、登記、後見、債務整理などの業務を行っています。

 さて、頻繁に改正が行われる商法ほどではないですが、一般の市民にとって一番身近な民法も比較的よく改正される法律の一つです。
 民法の最近の改正と言えば、女性の再婚禁止期間の短縮が話題となりましたが、成年後見の分野でも、実務に影響があるだろう改正が行われました。
 
 それが、民法860条の2以下に新設された、後見人の郵便物の開封等に関する権限と死後事務(被後見人が亡くなった後の火葬など)についての権限に関する定めです。
 この法律が施行されるのはまだ先なので、この条文について書くことは控えますが、これまで、はっきりと定まっていなかった部分が法定されることによって、実務の運用、それぞれの後見人の職務がどのように変わっていくのかは非常に注目すべきことだと思っています。

 さて、今回は法律の中身のお話ではなく、860条の2という、条文の形式についてのお話です。

 法律の条文と言えば、民法90条とかいうように、第〇〇条というふうに定められており、その中に、1項、2項というような、項と、1号、2号といった号があるといった形で定められています。

 では、860条の2とはいったい何なのでしょうか?

 このような、「〇〇条の〇」という定め方を枝番といいます。

 よく間違う方がいるのですが、860条の2と860条2項は全く違います。
 860条の2は860条の2という、860条とは別個の独立した条文であり、860条2項は860条の中の2項(2項目目)ということになります。

 別の条文なら、860条の2ではなく、861条にすればよいのではないでしょうか。
 それにもかかわらず、なぜ、860条の次の条文が860条の2なのでしょうか?

 改正以前は、860条の次の条文は、861条でした(まだ施行されていないので、今でも860条の次は861条です)。

 ここで、860条の次に、いくつかの新しい条文を追加したい場合どうすればよいででしょうか?

 例えば、新しいい条文を、861条、862条と追加し、元の861条以下の条文を2つずつずらしていく方法が考えられます。
 しかし、これだと、そのあとの条文がすべて2つずつずれてしまい、例えば、以前の900条が902条にずれてしまうことになります。
 そうなると、多くの条文が、これまでとは違う番号で呼ばれることになり、非常に混乱するし、分かりずらくなってしまいます。

 そこで、そのようなことにならないように使われているのが、860条の2というような枝番を使う方法です。

 860条と861条の間に新しい条文を挿入する場合に、新しく挿入する条文に860条の2、860条の3というように番号を振ってあげると、それ以降の条文の番号をずらさなくて済むのです。

 この枝番というものは、いわば改正の爪痕のようなものですが、非常によく使われており、例えば民法でいうと、根抵当権の条文は398条の2から398条の22までで、すべて枝番で定められています。
スポンサーサイト



[ 2016/06/14 13:41 ] 法律用語 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こうご司法書士事務所

Author:こうご司法書士事務所
相続・後見・登記・債務整理など、調布、三鷹、武蔵野を中心に、多摩地区、東京近郊、そして全国からのご依頼お問い合わせをお待ちしております。

事務所概要
こうご司法書士事務所
司法書士 向後弘之
東京都調布市西つつじヶ丘3-26-7
アーバンフラッツMA202
TEL042-444-7960
FAX042-444-7986
HP こうご司法書士事務所
Email gsktn@kyf.biglobe.ne.jp