こうご司法書士事務所ブログ 法務局での登記相談の事前予約制導入へ
fc2ブログ

こうご司法書士事務所ブログ

調布市西つつじヶ丘(東京都多摩地域)の「こうご司法書士事務所」のブログです。調布市、三鷹市、武蔵野市、府中市、狛江市等の多摩地区を中心に、相続、相続登記、不動産登記、商業登記、成年後見、過払い金返還請求等の業務を行っています。

法務局での登記相談の事前予約制導入へ

 東京都調布市のこうご司法書士事務所です。

 すでに法務局に備え付けてあるパンフレット等でご存知の方もいらっしゃると思いますが、東京法務局管内の法務局における不動産登記および商業・法人登記に関する相談について、登記相談の事前予約背が導入されることになりました。

 現在は、予約なしに法務局に行き、金融機関等においてあるのと同様の整理券発行機で整理券を引き、順番が来たら窓口に行き、相談を行うという方法がとられています。
 それが、平成28年9月1日からは、原則として登記相談に事前予約制が取られることになるのです。

 法務局のパンフレットには、
「予約されているお客様を優先させていただきます。予約をされていないお客様は、長時間お待ちいただいたり、来庁当日に相談をお受けできない場合があります」 
と記載されているので、事前予約制導入以降も、予約なしでも相談が受けられる余地はありそうですが、登記相談をする場合、事前予約をしたほうが間違いなさそうです。

 また、東京法務局のパンフレットには、
「登記の申請人は、土地・建物の名義人や会社・法人の代表者です。それ以外の方については、相談をお断りする場合があります。」 
 とも書かれています。

 導入後すぐに、申請人以外による登記相談の受け付けないわけではないでしょうが、運用によっては、登記申請人及び資格者代理人以外の相談を受け付けないようになるのか、気になるところです。


 なお、登記の代理をできるのは司法書士と弁護士のみですが、司法書士及び弁護士については、登記相談の事前予約制ではなく、書面による問い合わせという別の相談方法が採られることになっています。
 単なる登記相談ならそれでもよいのですが、法務局によって取り扱いが異なるようなケースで、事前に法務局(登記官)の見解を確認しておきたいような場合にまで、窓口での相談ができず、書面による迂遠な相談方法しか取りえないとしたら、ちょっと疑問が残るところです。


 ちなみに、この登記相談の事前予約制は、東京法務局管内の法務局についてのものであり、他の法務局で今後どのような取り扱いが行われるのかはわかりません。
 しかし、以前に比べて、登記相談窓口が混みあっており、このままではパンクしかねない印象を受けているので、事前予約により、相談窓口の負担軽減を図る取組は、今後拡大していくのではないかというのが、私の予想です。


スポンサーサイト



[ 2016/06/12 14:41 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こうご司法書士事務所

Author:こうご司法書士事務所
相続・後見・登記・債務整理など、調布、三鷹、武蔵野を中心に、多摩地区、東京近郊、そして全国からのご依頼お問い合わせをお待ちしております。

事務所概要
こうご司法書士事務所
司法書士 向後弘之
東京都調布市西つつじヶ丘3-26-7
アーバンフラッツMA202
TEL042-444-7960
FAX042-444-7986
HP こうご司法書士事務所
Email gsktn@kyf.biglobe.ne.jp