こうご司法書士事務所ブログ 佐藤天彦挑戦者が新名人に
fc2ブログ

こうご司法書士事務所ブログ

調布市西つつじヶ丘(東京都多摩地域)の「こうご司法書士事務所」のブログです。調布市、三鷹市、武蔵野市、府中市、狛江市等の多摩地区を中心に、相続、相続登記、不動産登記、商業登記、成年後見、過払い金返還請求等の業務を行っています。

佐藤天彦挑戦者が新名人に

 東京都調布市のこうご司法書士事務所です。
 調布市の深大寺にあるこうご事務所は、都心や街中にある事務所よりはかなり涼しいと思うのですが、最近窓を開けると風が強いのが悩みの種です。
 司法書士業は、外に出ることも少なくないのですが、メインは事務所内での書類とパソコンを相手にする作業が中心です。
 風が強いと、窓を開けたとき、書類が散乱してしあったりするので、窓を開けるのが難しいt気があります。真夏であればクーラーを使うのですが、今は、クーラーを使うほどの厚さではないし、かといって窓を閉め切ると結構熱いというのが目下の悩みです。

 さて、5月30日31日の両日に第74期将棋名人戦七番勝負の第5局が行われ、それまで3勝1敗としていた佐藤天彦(あまひこ)挑戦者(八段)が4勝目をあげ、新名人になりました。

 将棋界では、長らく、羽生世代と言われる特定の世代(45歳前後の世代)がタイトルの多くを架線している状態が続いてきましたが、久々に、20代の名人が登場したことになります。
 これまでは、若い世代では、渡辺明竜王(棋王と合わせて二冠)が孤軍奮闘していましたが、20代の名人が登場したことで、世代交代が進むか注目されます。

 これで、名人と竜王という二大タイトルが若手・中堅に移ったことになるのですが、いまだ羽生善治三冠が三つのタイトルを持っており、羽生世代の一人である郷田真隆王将もタイトルを保持しており、将棋界の七大タイトルのうち四つを羽生世代が持っていることになります。

 今後、永瀬拓矢六段が羽生棋聖に挑戦するなどしますが、さらなる世代交代が進むのか、羽生棋聖をはじめとするベテラン勢が世代交代を阻止するのか注目が集まるところです。

スポンサーサイト



[ 2016/06/02 15:38 ] 将棋 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こうご司法書士事務所

Author:こうご司法書士事務所
相続・後見・登記・債務整理など、調布、三鷹、武蔵野を中心に、多摩地区、東京近郊、そして全国からのご依頼お問い合わせをお待ちしております。

事務所概要
こうご司法書士事務所
司法書士 向後弘之
東京都調布市西つつじヶ丘3-26-7
アーバンフラッツMA202
TEL042-444-7960
FAX042-444-7986
HP こうご司法書士事務所
Email gsktn@kyf.biglobe.ne.jp