こうご司法書士事務所ブログ 訴状作成
fc2ブログ

こうご司法書士事務所ブログ

調布市西つつじヶ丘(東京都多摩地域)の「こうご司法書士事務所」のブログです。調布市、三鷹市、武蔵野市、府中市、狛江市等の多摩地区を中心に、相続、相続登記、不動産登記、商業登記、成年後見、過払い金返還請求等の業務を行っています。

訴状作成

 東京都調布市のこうご司法書士事務所です。

 今日は年初に提出する過払い金返還請求の訴状の作成等、残った仕事がいくつかあったのですが、なぜかTVでやっていた大食い番組を見てしまい、すっかり仕事が滞ってしまいましたが、今、ようやく仕事が一段落したところです。

 訴状自体の作成は簡単です。

 過払い請求の場合、雛形を作ってあるので、雛形に数字と日付を打ち込んでいくだけだからです。

 例えば、

第1 請求の趣旨
1 被告は原告に対し,金130万300円及び内金110万5005円に対する平成28年1月5日から支払済みまで年5分の割合による金員を支払え。
2 訴訟費用は被告の負担とする。
との判決並びに第一項についての仮執行宣言を求める。

 という感じで、請求の趣旨と請求の原因に数字と日付をずれないように打ち込んでいくだけです。

 なお、こうご事務所では、過払い請求等いくつかの訴訟については雛形を作っていますが、雛形を作っていない訴訟もありあます。
 そういう場合でも訴状の作成はそんなに難しくはありません。
 訴状に書くことは限られており、しかも多くの訴状で共通しているからです。
 訴状作成は、どの訴訟でも似たような形のオープニングにすぎず、本番は訴状作成段階ではなく、準備書面を作成する段階であるといえます。

 それはともかく、訴状の文面を作成するのは簡単なのですが、訴状の正本と副本をそろえたり、印紙や切手を用意したり、証拠をコピーしたり、正本、副本、甲号証のスタンプを押したりして、裁判所に出す書類を整えていく作業はなかなか大変です。

 どの弁護士や司法書士でもそうだと思うのですが、勤務していたりすると、この手の仕事は事務員(補助者)任せになり、通常は自分で行うことはあまりないと思われます。
 一通り整えられたものが自分のところに回ってきて、チェックだけして、郵送の手配や窓口に持って行くのも事務員に任せる、というのが通常かと思います。

 個人で事務所を開業して間がなく、事務員を雇う余裕もないような場合、通常の事務所では事務員がやる作業も自分でやらなくてはなりません。
 訴状を裁判所に提出できる形に整えていく作業も、作業自体は難しくはないのですが、何しろ、あまりやったことがないので、要領が悪く、時間がかかってしまいます。

 そんな時、事務員やスタッフの人たちのありがたみが身に沁みます。


 それはともかく、多少時間はかかりましたが、訴状はほぼ仕上がったので、予定通り、年明けにチェックを行い、最初の営業日には訴状を東京簡裁に郵送できそうです。

 もう一つの仕事は、来年に回すことにしました。

 これで本年の仕事はすべて終了です。
 皆様、本年中はいろいろとありがとうございました。
 来年もよろしくお願いいたします。

 
スポンサーサイト



[ 2015/12/31 15:50 ] 過払い金 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こうご司法書士事務所

Author:こうご司法書士事務所
相続・後見・登記・債務整理など、調布、三鷹、武蔵野を中心に、多摩地区、東京近郊、そして全国からのご依頼お問い合わせをお待ちしております。

事務所概要
こうご司法書士事務所
司法書士 向後弘之
東京都調布市西つつじヶ丘3-26-7
アーバンフラッツMA202
TEL042-444-7960
FAX042-444-7986
HP こうご司法書士事務所
Email gsktn@kyf.biglobe.ne.jp