こうご司法書士事務所ブログ 過払い金の時効は10年  断言してよいのか??
fc2ブログ

こうご司法書士事務所ブログ

調布市西つつじヶ丘(東京都多摩地域)の「こうご司法書士事務所」のブログです。調布市、三鷹市、武蔵野市、府中市、狛江市等の多摩地区を中心に、相続、相続登記、不動産登記、商業登記、成年後見、過払い金返還請求等の業務を行っています。

過払い金の時効は10年  断言してよいのか??

  最近の過払い金返還請求を巡るホットな話題の一つに、某事務所の、過払い金返還請求の時効は10年、最高裁で過払い金が認められてから今年で10年、というCMがありました。

 過払い金返還請求の時効が10年であることと、最高裁で過払い金が認められてから10年というのは、いずれも一応は事実なのですが、その二つは全く無関係であり、まったく無関係な事実を二つ並べることで、あたかも今年で過払い金返還請求ができなくなるというような誤解を生じさせるのは、CMの手法としていかがなものかという批判がありました。

 個人的には、CMの手法には問題があるといわざるを得ないが、それによって過払い金と時効の問題を意識していなかった人が過払い金について考えるきっかけになるなど、悪くない面もあるのかなと思っています。


 それとは別に、過払い金の時効を10年と断言することには、若干、疑念が残ります。

 現在の主流の考え方では、過払い金返還請求は、最終取引(最後の弁済)から10年で時効になります。
 従って、完済してから10年以上経ってしまっている場合、過払い金を取り戻すことは現実的には難しくなります(ほぼ無理と言っていいかもしれません)。

 過払い金返還請求権は、不当利得返還請求権とされていますが、そうだとすると、権利を行使しない期間が10年以上になると、時効になり、権利を主張することが事実上できなくなってしまうからです。
 
 ただ、そうだとしても、過払い金返還請求権は、完済の時から10年経つと消滅する、と断言してよいかについては若干疑問があります。

 まず、10年経つと時効になるとして、いったいいつから10年経つと時効になるのかという問題があるからです。
 たとえば、最後の返済時ではなく、基本契約の解約時から10年と考えるなど、何かうまい理屈をつけて、それよりも遅い時点を時効計算のスタート地点にできるならば、もしかすると、諦めていた過払い金が請求できるかもしれません。
 

 もう一つ、過払い金返還請求の根拠を、不当利得返還請求以外に求めることはできないでしょうか?
 現在は、過払い金返還請求権は不当利得返還請求権とされていますが、他の考え方をすることで時効を回避することはできないでしょうか?

 一つの考え方として、過払い金返還請求権を不法行為のよる損害賠償として考えることはできないかというものがあります。

 不法行為による損害賠償の請求権の場合、不当利得返還請求権とは時効になるタイミングが違っています。
 民法724条では、不法行為による損害賠償請求権の時効を、被害者又はその法定代理人が損害及び加害者を知った時から三年間行使しないときは、時効によって消滅する。不法行為の時から二十年を経過したときとしています。

 その上で、損害および加害者を知った時=過払い金の存在を知った時=引き直し計算の結果が出た時とすることができるならば、完済してから10年経った過払い金を取り戻すことができることになるかもしれません。

 下級審(簡易裁判所や地方裁判所などのこと)が過払い金を不法行為による損害賠償請求権とした例はあるようです。


 このように、現在の状況では、完済から10年経ってしまうと、過払い金を取り戻すのはかなり難しいですが、完済から10年以上経っていても、過払い金を取り戻せる可能性が全くないわけではありません。
 現状で、完済時から10年以上経った過払い金を請求するには、裁判にしなくてはならないのは確実と思われますし、負けてしまった場合、訴訟費用を負担しなくてはならず、持ち出しになってしまいます。
 しかも、敗訴の確率がかなり高いのではないかと思います。


 このような事情から、私個人が、完済から10年以上経っている過払い金返還請求をしてほしいと依頼された場合、基本的には受任しないと思います。
 ただ、100%請求できないとまでは言えないし、このような場合でも受任する事務所もあると思います。

 ですので、私は、時効で取り戻せませんよ、と断言することは避けるべきだと考えています。

 取引履歴を取り寄せた結果、完済から10年経っていることが分かった場合、

時効だと断言はしないが、現在の考え方では過払い金を取り戻すことは難しいこと
他の考え方もあることは事実だが、敗訴の場合の経済的負担等を考えるとあまりおすすめはできないこと
こうご事務所として、これ以上の手続を承ることはできないが、それでも過払い金返還にチャレンジしたいときには、他の事務所に依頼するか、セカンドオピニオンを求めることも出来ること

 をお伝えするようにしています。


 また、過払い金と時効の問題に限らず、一般論として、現在の判例の考える結論について、断言することにはリスクが伴うのではないでしょうか?
 
 細かい問題かもしれませんが、基本的にどんな問題でも、少しでも異論がある事柄については、断言しないほうがいいというのが私の考えになります。

スポンサーサイト



[ 2015/12/12 20:43 ] 過払い金 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こうご司法書士事務所

Author:こうご司法書士事務所
相続・後見・登記・債務整理など、調布、三鷹、武蔵野を中心に、多摩地区、東京近郊、そして全国からのご依頼お問い合わせをお待ちしております。

事務所概要
こうご司法書士事務所
司法書士 向後弘之
東京都調布市西つつじヶ丘3-26-7
アーバンフラッツMA202
TEL042-444-7960
FAX042-444-7986
HP こうご司法書士事務所
Email gsktn@kyf.biglobe.ne.jp