こうご司法書士事務所ブログ 司法書士の未来
fc2ブログ

こうご司法書士事務所ブログ

調布市西つつじヶ丘(東京都多摩地域)の「こうご司法書士事務所」のブログです。調布市、三鷹市、武蔵野市、府中市、狛江市等の多摩地区を中心に、相続、相続登記、不動産登記、商業登記、成年後見、過払い金返還請求等の業務を行っています。

司法書士の未来

 東京都調布市のこうご司法書士事務所です。

 今日は、以前の職場で同期だった友人と会ってきました。

 彼は、会社を起業したのですが、その設立登記を私が行ったというご縁もあります(まだ以前の事務所にいる時でしたが)。
 この度、その会社の役員を増員することとなり、その登記を依頼してくださり、必要書類を手渡しで受け取ることになったというわけです。

 その役員増員の登記ですが、実は当初税理士が手配して登記を行うことになっていたようなのですが、知り合いの司法書士がいるということで、私にじかに依頼してくださったというわけです。
 持つべきものは友人だなと、まさに思います。

 さて、その場で色々なことを話したのですが、司法書士がどうやって仕事を獲得するかという話にもなりました。

 今回の話も、私という知り合いがいなければ、司法書士に頼むということはなかったということです。
 そのまま税理士に頼み、その税理士はおそらく下請けの司法書士に仕事を流すという流れなのでしょう。

 会社の登記では、やはり、企業の顧問となっている税理士が窓口となるケースが多いと思われます。

 相続でも、同様に、税理士が窓口となり、司法書士に登記の依頼があるということがあります。

 会社にしろ、相続にしろ、やはりみなさんが関心があるのは税金のことだと思います。
 そうなると、最初に司法書士のところに相談に行くというより、税理士に相談に行くという人のほうが圧倒的に多いのではないでしょうか。

 更に、会社の場合、税理士が顧問になっているケースが多いので、まずは税理士に相談するというところがさらに多いのではないでしょうか。

 そこから来る仕事を受けるのでは、あくまで下請けに過ぎず、主導権は税理士が握っていると言えます。
 それでも悪くはないし、そういった得意先の税理士を見つけることも大切だと思うのですが、そうではなくて、司法書士が窓口となり、司法書士主導で、税理士等を紹介するようにはできないか、そうなるようないい集客方法はないかということを考えてはみたのですが、なかなか難しそうです。

 商業登記にしろ、相続登記にしろ、司法書士の独占業務なのですが、税理士だったり、行政書士だったりが、登記業務を行っているケースはよくあります。
 それは違法なはずなのですが、なし崩し的に行われてしまっている現状について、我々司法書士にも問題はないのか考える必要があると思ったりもします。

 それはともかく、商業登記や相続登記を司法書士が主体的に獲得する方法はないのか、他士業による登記業務への浸食(進出)にどのように対抗するかは、司法書士の未来にとって切実な問題ではないかと考えさせられました。

 それとは別に、HPやブログについてもいくつかの示唆を受けました。
 早速できることから、実行していこうと思っています。
スポンサーサイト



[ 2015/11/02 23:03 ] 司法書士の仕事 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こうご司法書士事務所

Author:こうご司法書士事務所
相続・後見・登記・債務整理など、調布、三鷹、武蔵野を中心に、多摩地区、東京近郊、そして全国からのご依頼お問い合わせをお待ちしております。

事務所概要
こうご司法書士事務所
司法書士 向後弘之
東京都調布市西つつじヶ丘3-26-7
アーバンフラッツMA202
TEL042-444-7960
FAX042-444-7986
HP こうご司法書士事務所
Email gsktn@kyf.biglobe.ne.jp