こうご司法書士事務所ブログ 認定司法書士
fc2ブログ

こうご司法書士事務所ブログ

調布市西つつじヶ丘(東京都多摩地域)の「こうご司法書士事務所」のブログです。調布市、三鷹市、武蔵野市、府中市、狛江市等の多摩地区を中心に、相続、相続登記、不動産登記、商業登記、成年後見、過払い金返還請求等の業務を行っています。

認定司法書士

 東京都調布市のこうご司法書士事務所です。

 私は、事務所の表札、HP、名刺等で、認定司法書士と名乗っています。

 この認定司法書士とは、いったい何なのでしょうか?

 認定司法書士とは、簡裁訴訟代理等関係業務を行うための法務大臣の認定を受けた司法書士のことです。

 この認定を受けた司法書士は、訴額140万円を超えない民事事件について、代理業務を行うことができます。
 そして、この業務を簡裁訴訟代理等関係業務と呼んでいます。

 簡裁訴訟代理等関係業務とは、
(1)民事訴訟手続
(2)訴え提起前の和解(即決和解)手続
(3)支払督促手続
(4)証拠保全手続
(5)民事保全手続
(6)民事調停手続
(7)少額訴訟債権執行手続
(8)裁判外の和解の各手続について代理する業務
(9)仲裁手続
(10)筆界特定手続について代理をする業務

 これらの簡裁訴訟代理等関係業務は、業務を行うのに必要な能力を有すると法務大臣が認定した司法書士に限り行うことができ、この認定を受けた司法書士を認定司法書士と呼んでいます。

 たまに誤解されるのですが、認定司法書士でない場合、訴訟代理だけでなく、任意交渉の代理もできないので注意が必要です。

 また、司法書士の業務には、裁判所に提出する書類作成業務があり、この業務は認定の有無にかかわらずすることができます。
 というか、むしろ、訴状等の裁判所提出書類を作成するという形で本人訴訟を支援するというのが、司法書士の従来からの裁判とのかかわり方であると言えるでしょう。
  
 ですので、認定司法書士でないと裁判手続にかかわることはないというわけではないことになります。

 まとめると、認定司法書士とは、140万円以下の簡裁訴訟等関係業務に限定されるが、一定の民事事件につき法定の内外における代理権を行使することを認定された司法書士ということになります。

 例えば、訴額ベースで140万円以下の
過払い金返還
貸金返還
敷金返還
建物明け渡し
 などの訴訟代理や訴外での交渉代理を行うことができます。
スポンサーサイト



[ 2015/08/24 14:10 ] 司法書士の仕事 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こうご司法書士事務所

Author:こうご司法書士事務所
相続・後見・登記・債務整理など、調布、三鷹、武蔵野を中心に、多摩地区、東京近郊、そして全国からのご依頼お問い合わせをお待ちしております。

事務所概要
こうご司法書士事務所
司法書士 向後弘之
東京都調布市西つつじヶ丘3-26-7
アーバンフラッツMA202
TEL042-444-7960
FAX042-444-7986
HP こうご司法書士事務所
Email gsktn@kyf.biglobe.ne.jp