こうご司法書士事務所ブログ 百尋の滝の氷結 川苔山
fc2ブログ

こうご司法書士事務所ブログ

調布市西つつじヶ丘(東京都多摩地域)の「こうご司法書士事務所」のブログです。調布市、三鷹市、武蔵野市、府中市、狛江市等の多摩地区を中心に、相続、相続登記、不動産登記、商業登記、成年後見、過払い金返還請求等の業務を行っています。

百尋の滝の氷結 川苔山

百尋の滝
 この写真は、東京都奥多摩町の百尋の滝が氷結したときのものです。

 川苔山は私の好きな山の一つです。
 季節ごとに違った表情を見せ、バリエーションに富んだ、様々なコースがあるのが魅力です。
 林道歩きが長いなど欠点もありますが、それを補う魅力に詰まった山だと思っています。

 百尋の滝は、川苔山に登る途中にある滝です。
 非常に美しく、迫力があり、滝壺まで降りられる滝です。

 この百尋の滝の氷結が見たいと思ったきっかけは、氷結の写真を見せられたことにあります。
 ある時、川苔山の山頂でくつろいでいると、凍った滝の写真を見せ歩いているおじさんがいたのです。
 その滝こそ、百尋の滝で、その時いつか見てみたいと思ったのです。

 ただ、百尋の滝付近では以前崩落があり、しばらくの間滝壺に降りることは禁止されていました。
 また、寒い日の午前中のできるだけ早い時間でないと凍った百尋の滝を見ることはできません。

 そういったわけで、なかなか見るのが困難なのですが、凍った百尋の滝を初めて見た時には、かなり興奮したものです。

 なお、この百尋の滝までは軽アイゼンで比較的楽に行けますが、滑落すれば死に至る可能性もあるので、ある程度のリスクがあります。

 更に、冬季に川苔山まで登るとなると、リスクが増します。
 積雪時に川苔山に登るには、雪が積もっていて踏み跡がなくても道迷いをしないくらいのスキルは必要だと思います。
 私が登った時は、踏み跡は全くありませんでした。

 
 さて、凍った滝を見ようとしたら、登るタイミングが大切です。
 今はわかりませんが、私が行った当時は、百尋の滝の凍結具合を示すサイトはありませんでした。

 ではどうするかというと、近隣の滝から推測することになります。
 桧原村に、払沢の滝というたきがあります。
 払沢の滝では、氷瀑クイズが毎年開催され、結氷状況がパーセントで示されます。
 そこで、凍結具合をチェックすると、百尋の滝の凍結具合もおおよそ推測できます。

 そんな感じで、氷結具合をチェックしたうえで、百尋の滝に行くのが私のお勧めの方法です。
スポンサーサイト



[ 2015/08/15 10:13 ] ハイキング | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こうご司法書士事務所

Author:こうご司法書士事務所
相続・後見・登記・債務整理など、調布、三鷹、武蔵野を中心に、多摩地区、東京近郊、そして全国からのご依頼お問い合わせをお待ちしております。

事務所概要
こうご司法書士事務所
司法書士 向後弘之
東京都調布市西つつじヶ丘3-26-7
アーバンフラッツMA202
TEL042-444-7960
FAX042-444-7986
HP こうご司法書士事務所
Email gsktn@kyf.biglobe.ne.jp