こうご司法書士事務所ブログ 代襲相続と養子縁組
fc2ブログ

こうご司法書士事務所ブログ

調布市西つつじヶ丘(東京都多摩地域)の「こうご司法書士事務所」のブログです。調布市、三鷹市、武蔵野市、府中市、狛江市等の多摩地区を中心に、相続、相続登記、不動産登記、商業登記、成年後見、過払い金返還請求等の業務を行っています。

代襲相続と養子縁組

 今回は代襲相続と養子縁組と題して、養子の場合、代襲相続は発生するのかについて書いてみたいと思います。

 なお、代襲相続については、代襲相続にまとめてあるので、こちらをご覧ください。
 代襲相続について一言でいうと、相続人になるはずだった人が被相続人より先に亡くなった場合に、相続人になるはずだった人(被代襲者)の代わりにその子供(代襲者)が相続人になるということです。

 まずは、代襲相続に定めた民法887条2項を引用します。
「 被相続人の子が、相続の開始以前に死亡したとき、又は第891条の規定に該当し、若しくは廃除によって、その相続権を失ったときは、その者の子がこれを代襲して相続人となる。ただし、被相続人の直系卑属でない者は、この限りでない」

 養子も、披相続人の子ですから、養子が養親より先に亡くなっていた場合も、代襲相続は発生することになります。

では、養子の子はどうでしょうか?

 この条文には但書がついています。
ただし、被相続人の直系卑属でない者は、この限りでない
 
 養親が亡くなった場合、養子の子も被相続人の子の子なので、養子の子の場合でも代襲相続は発生することになります。
 ただし、この但書によって、代襲者が披相続人の直系卑属でない場合には、代襲相続は発生しないということになります。

 とすると、代襲者が披相続人の直系卑属でない場合とはどのような場合かが問題となります。

 民法上、養親と養子の縁組によって、養子と養親及びその血族との間に親族関係が発生するとされています(民法727条参照)。

 一方、養親と養子の血族に親族関係が発生するとは書かれていません。 
 判例も、養子縁組以前に生まれた養子の直系卑属と養親の間には親族関係を生じないとしています。

 養子縁組以降は養親と養子に親族関係が生じるので、養子縁組以降に生まれた養子の血族である養子の子と養親の間にも親族関係が生じます。

 とすると、養子縁組を境に養子の血族と養親の間に親族関係が発生するかで結論に違いが出てくることになります。

 具体的には、下記のようになります。

 養子縁組が平成20年1月1日だとします。

 養子の子どもが、養子縁組の前である平成10年1月1日にすでに生まれていた場合、養親と養子の子どもの間に親族関係は発生しないことになります。
 親族関係が発生しないということは、代襲者が披相続人の直系卑属にはならないということなので、891条但書の被相続人の直系卑属でない者に該当し、代襲相続は発生しないことになります。

 養子の子どもが、養子縁組後の平成25年1月1日に生まれた場合はどうでしょうか?
 養子縁組以降は、養子と養親及びその血族との間に親族関係が発生するので、養親と養子の子どもも親族関係となり、直系卑属となり、代襲相続が発生することになります。

 ということは、同じ養子の子どもであっても、養子縁組の前に生まれていたか後になって生まれたかで代襲相続が発生するかの結論に差が出てくることになります。
 一つ屋根の下で、家族として暮らしていたとしても、兄弟間で代襲相続人になれれるかなれないかの結論が違ってくる場合があるので、注意が必要です。

 なお、養親、養子の順番で亡くなった場合で、養親の相続が済んでいないときは、養子の子は、縁組の前に生まれたか先に生まれたかに関わりなく、全員が相続人になることになります。
 養親の相続財産を養子が相続し、養子が取得した財産をその子が取得することになるので、養子の子である全ての人に相続権があるわけです。

 亡くなる順番によって相続人が変わることはよくありますが、養子と代襲相続は、その典型例の一つかと思います。
 結論にすっきりしない感覚を持たれるかともいらっしゃるかもしれませんが、ご自身の感覚と法律の結論が違うときは、ご自身の死後のことについて何らかの準備をしておいたほうがいい可能性があるので、お気軽にお問い合わせいただければと思います。
スポンサーサイト



[ 2015/07/28 11:29 ] 相続 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こうご司法書士事務所

Author:こうご司法書士事務所
相続・後見・登記・債務整理など、調布、三鷹、武蔵野を中心に、多摩地区、東京近郊、そして全国からのご依頼お問い合わせをお待ちしております。

事務所概要
こうご司法書士事務所
司法書士 向後弘之
東京都調布市西つつじヶ丘3-26-7
アーバンフラッツMA202
TEL042-444-7960
FAX042-444-7986
HP こうご司法書士事務所
Email gsktn@kyf.biglobe.ne.jp