こうご司法書士事務所ブログ 数次相続と代襲相続の違い
fc2ブログ

こうご司法書士事務所ブログ

調布市西つつじヶ丘(東京都多摩地域)の「こうご司法書士事務所」のブログです。調布市、三鷹市、武蔵野市、府中市、狛江市等の多摩地区を中心に、相続、相続登記、不動産登記、商業登記、成年後見、過払い金返還請求等の業務を行っています。

数次相続と代襲相続の違い

 特殊な相続に、数次相続と代襲相続があります。
 この二つには、似て非なることがあるので、今回はそのことについて、書いてみたいと思います。

 なお、数次相続については、数次相続 お父さんが亡くなったが、おじいさん名義の土地があった場合を、代襲相続については、代襲相続(だいしゅうそうぞく)をご覧ください。

 まずは、下の図を見てください。

88aac0_265faa94e1714c879f1118f56ca907e8.png

 この図では、被相続人であるAと相続人になるはずのCが亡くなっています。
 
 ここで、もし、A→Cの順番でなくなっているのであれば、数次相続(一次相続の手続が終わらないうちに、二次相続が発生した)になります。
 もし、C→Aの順番でなくなっているのであれば、推定相続人が先に亡くなり、代襲相続が発生しているということになります。

 この二つの決定的な違いは、Aの遺産について、Cの配偶者であるDが相続人になるかどうかです。

 数次相続とは、法律用語ではないと思いますが、相続が二回発生した状態をいいます。
 Aの相続と、Bの相続が続けて発生した状態なので、Aの遺産はCに相続され、そのCに相続されたAの遺産を、Cの配偶者であり、Cの相続人であDが相続することができるので、DはAの遺産について、相続できることになります。

 一方、代襲相続の場合、DはAの遺産を相続することはできません。
 代襲相続について定めた民法887条2項本文を見てみましょう。

第887条2項.被相続人の子が、相続の開始以前に死亡したとき、又は第891条の規定に該当し、若しくは廃除によって、その相続権を失ったときは、その者の子がこれを代襲して相続人となる。

 赤で示した部分に書かれているように、代襲の結果相続人となるのは子であり、配偶者が代襲して相続人になることはありません。

 上の図の記号でいうと、
AよりもCが先に亡くなった結果、代襲相続が発生した。その結果、Cの子であるEが相続人となったが、Cの配偶者であるDは代襲せず、Aの相続人になることはない
 ということになります。

 このように、現在の時点で亡くなっている人が同じ場合でも、亡くなった順番が異なると、相続人の範囲に変化が生じることがあるのです。

 数次相続と代襲相続の例は、戸籍をきちんと読み込まないと、相続人の範囲を間違えるという、代表的な例ではないでしょうか。

 
スポンサーサイト



[ 2016/06/15 11:27 ] 相続 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こうご司法書士事務所

Author:こうご司法書士事務所
相続・後見・登記・債務整理など、調布、三鷹、武蔵野を中心に、多摩地区、東京近郊、そして全国からのご依頼お問い合わせをお待ちしております。

事務所概要
こうご司法書士事務所
司法書士 向後弘之
東京都調布市西つつじヶ丘3-26-7
アーバンフラッツMA202
TEL042-444-7960
FAX042-444-7986
HP こうご司法書士事務所
Email gsktn@kyf.biglobe.ne.jp