こうご司法書士事務所ブログ 相続放棄と遺産分割協議
fc2ブログ

こうご司法書士事務所ブログ

調布市西つつじヶ丘(東京都多摩地域)の「こうご司法書士事務所」のブログです。調布市、三鷹市、武蔵野市、府中市、狛江市等の多摩地区を中心に、相続、相続登記、不動産登記、商業登記、成年後見、過払い金返還請求等の業務を行っています。

相続放棄と遺産分割協議

 相続放棄について若干誤解があるのではないかと思うときがあります。

 相続放棄とは、文字通り相続を放棄することで、相続放棄をすると、そもそも初めから相続人ではなかったことになります。
 一般に、遺産分割協議の結果相続財産を引き継がないことになった場合も含めて、相続放棄という言葉が使われているのではないかと思うのです。

 しかし、遺産分割協議の結果相続財産を引き継がないことになることと相続放棄は全く違う概念になります。

 相続放棄をすると、初めから相続人ではなかったとみなされます。
 つまり、相続放棄をすると、相続の結果生じる一切の権利義務とは無関係となり、相続放棄をした人は相続には無関係の人間ということになります。

 相続放棄は自分のために相続が発生したことを知った時から三か月以内に、家庭裁判所に相続放棄申述書を提出して行うことになっています。
 つまり、放棄できる期間と方式が法定されていることになります。

 なお、相続放棄申述書を作ることは司法書士の業務の一部です。

 一方、遺産分割協議の結果財産を引き継がないことになる場合(遺産分割の席上で相続分の放棄をする場合)は、あくまでも相続人であるけれど、分割協議の対象になった財産(負債)の相続権を持たないということになります。

 こちらは、三か月以内という制限はなく、いつでもできます。
 また、家庭裁判所に申し出る必要もありません(ただし、話し合いがまとまらないときは家庭裁判所で遺産分割調停や、遺産分割審判が行われる場合もあります)。

 結局のところ、両者の違いは、相続人としての地位から離脱するかしないかということになります。

 また、相続人としての地位から離脱するわけではないことの結果として、被相続人の債務の承継がどうなるのかという違いも出てきます。
 相続放棄をした場合、被相続人の債務を相続することはありませんが、遺産相続の場合、債務の承継について気を付けなくてはならない事があるのです。

 仮に遺産分割協議で、Aさんが債務を全て相続したとします。
 この場合、債務をAさんが相続するということは、遺産分割協議の当事者である相続人の間では有効ですが、債権者に対しては、Aさんが債務をすべて相続したのだからAさんだけが債務者であると主張することはできません。
 Aさん以外の相続人も、債権者に対しては、自分の相続分に相当する債務を払う義務が出てくるのです。

 債務の相続については、債権者の承諾を得るか、相続放棄を検討する必要がある場合もあると思われます。

スポンサーサイト



[ 2015/06/27 08:14 ] 相続 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こうご司法書士事務所

Author:こうご司法書士事務所
相続・後見・登記・債務整理など、調布、三鷹、武蔵野を中心に、多摩地区、東京近郊、そして全国からのご依頼お問い合わせをお待ちしております。

事務所概要
こうご司法書士事務所
司法書士 向後弘之
東京都調布市西つつじヶ丘3-26-7
アーバンフラッツMA202
TEL042-444-7960
FAX042-444-7986
HP こうご司法書士事務所
Email gsktn@kyf.biglobe.ne.jp