こうご司法書士事務所ブログ 借金と消滅時効(時効完成後、一部の借金を払ってしまった場合)
fc2ブログ

こうご司法書士事務所ブログ

調布市西つつじヶ丘(東京都多摩地域)の「こうご司法書士事務所」のブログです。調布市、三鷹市、武蔵野市、府中市、狛江市等の多摩地区を中心に、相続、相続登記、不動産登記、商業登記、成年後見、過払い金返還請求等の業務を行っています。

借金と消滅時効(時効完成後、一部の借金を払ってしまった場合)

 消費者金融等から借金をしている場合、原則として最後の取引から5年で時効が完成します(消費者金融が個人の場合など例外あり)。
 借金を払えという裁判の判決が出ている場合などは、そのときから10年になります。

 こういった借金と時効については借金と時効(消滅時効)をご覧ください。

 時効のポイントは、時効の期間が満了しても自動的に債権(債務)が消えるのではないということです。
 時効を援用することによって、初めて債権(債務)が消えることになります。

 ということは、時効完成後、時効援用前に、業者等から請求がきて、お金を支払ってしまうということがありうることになります。

 実は、こういうことは割とよくあるケースです。
 存在も忘れかけていたような古い借金をいきなり請求され、一部でいいからと言われるままに払ってしまったようなケースです。

 なぜ、このようなケースがよくあるかというと、債権回収業者(サービサー)が、時効になっている債権の譲渡を受け、債務者に弁済を請求してくるということが行われているからです。
 勿論、時効になっていること(時効期間が経過していること)を承知で請求してくるのです。

 債権回収業者だけではなく、業者自体が弁済を求めてくることもあります。

 しつこく請求されたり、一部でもいいから等の甘言に乗ってしまったり、あるいは払わなくてはならないのだと思ったりして、一部を弁済したとします。

 その後、司法書士事務所等に相談に行き、実は時効が完成していた、本来払わなくてもよいということを知ったとします。

 このとき、時効援用ができるかというのが今回の問題です。

 時効の完成を知って一部弁済を行った場合、、自ら時効の利益を放棄した(時効援用権を放棄した)とされ、もはや時効援用はできないとなってもやむを得ないかもしれません。
 問題は、時効の完成、もっと言えば、時効の制度や時効の意味もよくわからなかった場合です。

 時効の完成を知らなかった場合、時効の利益を放棄した(時効援用権を放棄した)ことにはなりません。
 知らないのに放棄するということはありえないからです。

 しかし、最高栽判例は時効援用を否定します。
 時効完成を知っているか知らないかに関わらず、時効完成後に一部でも弁済してしまった場合、時効援用をすることは信義則に照らして相当ではないとしているのです。

 つまり、時効が完成しているような古い借金でも、一部でも払ってしまえば、時効援用はできず、借金の残額も支払わなくてはならないということが一応は言えます。

 ただし、信義則が理由になっているのがポイントです。
 時効援用が信義則に反するから時効援用はできないというのを裏返せば、時効援用をしても信義則に反しないような場合(信義則に反しない特段の事情がある場合)には、時効を援用し、借金をなくすことができるということになります。 

 詐欺的、脅迫的な手段によってやむを得ず払ってしまったり、しつこく催促されてやむを得ず払ってしまったとか、払った額が借金全体の額に比べて少額だったり、そういう場合には、時効援用が認められる余地はあります。

 ですので、一部弁済をしてしまった場合でも、あきらめずにご相談いただければと思います。
 時効援用権を喪失していないことを争ったり、払うべき額を減額させたりする余地はありうるかと思います。

 とはいえ、一部でも払ってしまうと、時効援用は厳しくなってくるのは事実ですし、一切払わなければ、時効援用できるはずなので、払わないほうがよいと思います。

 勿論、借金の請求が来たら、払わばいとどうなるのか、家や給料を差し押さえられないか等々不安になることは間違いないと思います。
 時効になっておらず、払う必要があるという可能性も否定できません。

 ですので、古い借金の請求が来たら、一部弁済をする前に、まずはお気軽にご相談いただければと思います。
 司法書士や弁護士に依頼すれば、少なくとも督促や請求はいったん止まりますし、ご自身で直接交渉をする必要はなくなります。
 そのあとで、専門家と一緒にゆっくり対策を考えていくのがいいのではないでしょうか。
スポンサーサイト



[ 2015/07/04 16:02 ] 債務整理 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こうご司法書士事務所

Author:こうご司法書士事務所
相続・後見・登記・債務整理など、調布、三鷹、武蔵野を中心に、多摩地区、東京近郊、そして全国からのご依頼お問い合わせをお待ちしております。

事務所概要
こうご司法書士事務所
司法書士 向後弘之
東京都調布市西つつじヶ丘3-26-7
アーバンフラッツMA202
TEL042-444-7960
FAX042-444-7986
HP こうご司法書士事務所
Email gsktn@kyf.biglobe.ne.jp