こうご司法書士事務所ブログ 2015年07月
fc2ブログ

こうご司法書士事務所ブログ

調布市西つつじヶ丘(東京都多摩地域)の「こうご司法書士事務所」のブログです。調布市、三鷹市、武蔵野市、府中市、狛江市等の多摩地区を中心に、相続、相続登記、不動産登記、商業登記、成年後見、過払い金返還請求等の業務を行っています。

相続人不存在、特別縁故者もいないときは?

 相続人の不存在、特別縁故者への財産分与相続人不存在、特別縁故者への財産分与の登記についてはすでに書きましたが、特別縁故者もいないときについてはまだ書いていなかったので、今回は、相続人不存在、特別縁故者もいないときはどうなるかについて書きたいと思います。

<相続財産は、共有者か国庫へ>

 相続人がおらず、特別縁故者もいない場合、共有であれば、他の共有者に帰属し、共有でなければ国庫に帰属することになります。

 いずれの場合も、相続財産管理人が選任され、相続財産管理人が手続をすることになります。
 
 ちなみに、相続財産管理人は司法書士が選任される地方もあるようですが、現時点で東京では弁護士のみが相続財産管理人に選任され、司法書士は選任されない取扱いになっています。
 ただし、相続財産選任申立てのための申立書の作成は司法書士が行える業務になっています。

 そうした、弁護士等の専門家が行う手続ですし、特別縁故者への財産分与と違って、一般の方はあまり縁のない手続かと思いますが、共有者が相続人なくして亡くなった場合、共有財産がご自身のものになるということもあるので関心があるかたもいらっしゃるのではないかなと思います。

<相続人不存在、特別縁故者者不存在の場合の手続きの流れ>

 というわけで、ここでは国庫に帰属する場合は省略して、相続人も特別縁故者もおらず、相続財産が共有者に帰属する場合の流れと、登記手続を説明したいと思います。

 まず、相続人のあることが明らかでないときは、相続財産は法人となります。
 そして、利害関係人または検察官の請求によって、相続財産管理人が選任されることになります。

 相続財産管理人が選任されると、選任されたということが公告されます。

 その公告があってから2か月以内に相続人が現れなかったときは、債権者や受遺者に対して、自分の権利について請求をするように申し出てくださいという公告が行われます。

 ここで、債権者や受遺者が現れたとしたら、相続財産管理人はこれらの人に支払うべきものを支払うことになります。

 この二度目の公告期間(2か月を下回ることはできないとされています)が過ぎると、相続人がいる場合、一定期間内に権利を主張してくださいということを公告します(この期間は6か月を下回ることはできません)。
 
 この公告期間内に相続人が現れなかったときは、相続人不存在が確定します。

 相続人不存在が確定してから三か月間、特別縁故者への財産分与の請求をすることができます。

 三か月間の間に請求がなければ、特別縁故者不存在が確定します。
 特別縁故者への財産分与の審判がなされたけれども、財産分与が認められなかったときも特別縁故者不存在が確定することになります。

 そして、相続財産が他の共有者に帰属することになります。


<特別縁故者者不存在、共有者への持分全部移転登記>

 続いて、特別縁故者不存在確定を原因とする共有者への持分移転の登記についてです。
 下記の二つの登記が必要となります。
 申請書の一部を抜粋してみましたのでご参照ください。


登記の目的    所有権登記名義人氏名変更
原因        年月日 相続人不存在
変更後の事項  共有者Aの氏名 亡A相続財産
申請人       亡A相続財産管理人 B
添付情報     登記原因証明情報  代理権現証明情報
登録免許税    不動産の個数×1,000円


登記の目的   A持分全部移転
原因        年月日特別縁故者不存在確定
権利者      持分 6分の1 C
               6分の1 D
義務者      亡A相続財産
添付書面    登記原因証明情報
          登記識別情報または登記済証
          住所証明書
          印鑑証明書
          代理権限証書
登録免許税  1000分の20

 最初の登記は前提として必ず必要な登記です。
 手続の流れで説明したように、相続財産は相続人不存在の場合、相続財産法人になります。
 そのため、自然人である故人から相続財産法人(亡○相続財産)名義への氏名変更が必要になるのです。
 故人から相続財産への移転登記ではなくて、氏名変更(名称変更)なのがポイントです。
 
 個人から法人への財産の移転なのだから、所有権移転(持分移転)登記が必要なのではないかと疑問に感じる方もいらっしゃるかもしれません。
 そういう考え方もできなくはないと思うのですが、持分移転としてしまうと登録免許税が高くなってしまいますし、実際上、氏名変更と考えてくれたほうが登録免許税的にはかなりお得だと思います。

 なお、原因日付は、相続が開始した日、すなわち、被相続人が亡くなった日になります。


 次に、特別縁故者不存在確定を原因とする持分全部移転の登記を行います。
 
 原因日付は、三ヶ月の間に特別縁故者から請求がなかった場合には、その期間満了の翌日になります。
 特別縁故者への相続財産分与の申し立てが却下された場合、その審判が確定した日の翌日になります。

 登記義務者の欄には、亡A相続財産と記載します。
 実際に、亡A相続財産が登記義務を履行できるはずはないので、実際には相続財産管理人が義務者ということになりますが、登記義務者の欄には、相続財産管理人の市名ではなく、亡A相続財産と記載します。

 この登記は相続登記ではないので、共同申請の原則通り登記義務者の印鑑証明書が必要ですが、印鑑証明書は相続財産管理人のものとなります。
 また、代理権限証書として、相続財産管理人の選任審判書が必要になります。
         
 
スポンサーサイト



[ 2015/07/30 14:41 ] 相続 | TB(-) | CM(0)

東京司法書士会調布支部セミナー「マイナンバー制度」

 昨日は東京司法書士会調布支部のマイナンバー制度セミナーに参加してきました。

 私にとってあまり意識しないうちにいつの間にか決まってしまったマイナンバー制度ですが、セミナー受講によってマイナンバー制度の基礎を理解することができて、意義深い研修となりました。

 ただ、マイナンバー制度が実際に導入されてからでないとわからない面、実際に導入されてからでてくるである不具合等も予想され、若干不安ではありました。

 私が調布支部に移ってから支部会員の方とオアシスる初めての機会ということで、研修のあとには自己紹介の機会をいただきました。
 また、研修のあとの懇親会にも参加してきました。

 いろんな意味で有意義な一日になりました。
[ 2015/07/30 09:13 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

パンの家パルティール

 東京都調布市のこうご司法書士事務所です。

 今日は朝からずっと事務所で作業をしていたのですが、午後から休憩を兼ねて外出しました。
 少し小腹がすいていたせいもあって、以前から気になっていたパンの家パルティールでパンを買ってみることにしました。

 パンの家パルティールは深大寺東町の梅の湯商店街にあります。
 梅の湯商店街はこうご事務所から最も近い商店街で、銭湯梅の湯を中心とする小さな商店街です。

 パンの家パルティールは梅の湯商店街の一角にある小さなパン屋さんです。
 ただ、規模は小さいですがパンの種類がいくつもそろっています。

 菓子パンと食パンを買いましたが、パンの生地がしっかりしていてとても美味しかったです。
 事務所から一番近いパン屋さんですし、これから頻繁に利用することになりそうです。

 パンの家パルティールですが、ネットで検索していると、通信販売もやっていることがわかりました。
 詳しくは、パンの家パルティールをご覧ください。
  
 余談ですが、パルティールというと職業柄どうしても、パルティール債権回収を思い出してしまいます...
[ 2015/07/28 17:55 ] 深大寺 | TB(-) | CM(0)

南アルプス天然水Sparkling!

 東京都調布市のこうご司法書士事務所です。

 このブログはあくまで事務所のブログであり、個人のブログではありません。
 ですので、相続とか過払い金返還請求、登記等、司法書士の仕事に関係することを中心に記事を書いています。

 一方で、私個人の思想信条にかかわることや私個人の何らかの意見表明等はこのブログでは行わないようにしています。
 こうご事務所は個人事務所なので、私個人と事務所との線引きは難しい面もありますが、あくまで事務所のブログであるという線引きはしっかり行っているつもりです。

 ただ、ご依頼やご相談をいただくにあたって、私個人の人となりや趣味、関心がわかったほうが、いいのではないかとも思っています。
 
 そういったわけで、私個人の興味・関心・趣味等も差支えのない範囲でブログに書いていこうと思っています。

 さて、そんな私が最近はまっているのが、南アルプス天然水Sparkling!です。
 そのまま飲んでもおいしいですし、グレープフルーツジュースを割って飲んでもおいしいです。

 南アルプスSparkling!は砂糖や甘味料の入っていない炭酸水ですし、甘味料等が入っている市販の炭酸飲料より健康的かなと思っています。

 仕事が終わった後などは、そこに更に焼酎を足したりもします。
 その際の焼酎は乙類焼酎と決まっています(甲類焼酎は苦手なので)。

 こちらもまた、市販のサワー類よりも割安で健康的かなと思っています。

 熱中症対策としても水分を摂ることは大切ですが、この夏は炭酸水+グレープフルーツジュースで乗り越えようと思っています。
[ 2015/07/28 16:25 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

代襲相続と養子縁組

 今回は代襲相続と養子縁組と題して、養子の場合、代襲相続は発生するのかについて書いてみたいと思います。

 なお、代襲相続については、代襲相続にまとめてあるので、こちらをご覧ください。
 代襲相続について一言でいうと、相続人になるはずだった人が被相続人より先に亡くなった場合に、相続人になるはずだった人(被代襲者)の代わりにその子供(代襲者)が相続人になるということです。

 まずは、代襲相続に定めた民法887条2項を引用します。
「 被相続人の子が、相続の開始以前に死亡したとき、又は第891条の規定に該当し、若しくは廃除によって、その相続権を失ったときは、その者の子がこれを代襲して相続人となる。ただし、被相続人の直系卑属でない者は、この限りでない」

 養子も、披相続人の子ですから、養子が養親より先に亡くなっていた場合も、代襲相続は発生することになります。

では、養子の子はどうでしょうか?

 この条文には但書がついています。
ただし、被相続人の直系卑属でない者は、この限りでない
 
 養親が亡くなった場合、養子の子も被相続人の子の子なので、養子の子の場合でも代襲相続は発生することになります。
 ただし、この但書によって、代襲者が披相続人の直系卑属でない場合には、代襲相続は発生しないということになります。

 とすると、代襲者が披相続人の直系卑属でない場合とはどのような場合かが問題となります。

 民法上、養親と養子の縁組によって、養子と養親及びその血族との間に親族関係が発生するとされています(民法727条参照)。

 一方、養親と養子の血族に親族関係が発生するとは書かれていません。 
 判例も、養子縁組以前に生まれた養子の直系卑属と養親の間には親族関係を生じないとしています。

 養子縁組以降は養親と養子に親族関係が生じるので、養子縁組以降に生まれた養子の血族である養子の子と養親の間にも親族関係が生じます。

 とすると、養子縁組を境に養子の血族と養親の間に親族関係が発生するかで結論に違いが出てくることになります。

 具体的には、下記のようになります。

 養子縁組が平成20年1月1日だとします。

 養子の子どもが、養子縁組の前である平成10年1月1日にすでに生まれていた場合、養親と養子の子どもの間に親族関係は発生しないことになります。
 親族関係が発生しないということは、代襲者が披相続人の直系卑属にはならないということなので、891条但書の被相続人の直系卑属でない者に該当し、代襲相続は発生しないことになります。

 養子の子どもが、養子縁組後の平成25年1月1日に生まれた場合はどうでしょうか?
 養子縁組以降は、養子と養親及びその血族との間に親族関係が発生するので、養親と養子の子どもも親族関係となり、直系卑属となり、代襲相続が発生することになります。

 ということは、同じ養子の子どもであっても、養子縁組の前に生まれていたか後になって生まれたかで代襲相続が発生するかの結論に差が出てくることになります。
 一つ屋根の下で、家族として暮らしていたとしても、兄弟間で代襲相続人になれれるかなれないかの結論が違ってくる場合があるので、注意が必要です。

 なお、養親、養子の順番で亡くなった場合で、養親の相続が済んでいないときは、養子の子は、縁組の前に生まれたか先に生まれたかに関わりなく、全員が相続人になることになります。
 養親の相続財産を養子が相続し、養子が取得した財産をその子が取得することになるので、養子の子である全ての人に相続権があるわけです。

 亡くなる順番によって相続人が変わることはよくありますが、養子と代襲相続は、その典型例の一つかと思います。
 結論にすっきりしない感覚を持たれるかともいらっしゃるかもしれませんが、ご自身の感覚と法律の結論が違うときは、ご自身の死後のことについて何らかの準備をしておいたほうがいい可能性があるので、お気軽にお問い合わせいただければと思います。
[ 2015/07/28 11:29 ] 相続 | TB(-) | CM(0)

登記情報提供サービスで地番検索サービスが始まる

 東京都調布市のこうご司法書士事務所です。

 登記情報提供サービスで地番検索が始まったのをご存知でしょうか?
 地番検索サービスは、登記情報提供サービスを利用する際に、住宅地図を用いて住居番号(住居表示)からおおよその地番を検索することができるサービスになります。

 東京23区を対象に平成27年4月30日から始まったのですが、平成27年7月1日からは、全国の433市区町にサービス提供エリアが拡大されています。

 操作は非常に簡単で、請求時効入力画面に地番検索サービスというボタンが追加されたので、そのボタンを押して、あとは画面の案内に従っていくというものです。
 また、地番検索サービスを利用することにより、別途利用料金が発生することもありません。

 司法書士事務所では、売買の決済の依頼を受けた時や担保権抹消登記の依頼を受けた時等に、まずは登記情報提供サービスで、登記情報を取得し、物件の確認を行います。
 また、決済のある日の朝に登記情報を確認したりもします。

 登記情報提供サービスがどんどん便利になっていくことは、非常にありがたいと思います。
[ 2015/07/27 16:05 ] 不動産登記 | TB(-) | CM(0)

東京・調布市の住宅街に軽飛行機が墜落

 調布市の住宅街に、7月26日午前11時ごろ、軽飛行機が墜落したとのことです。

 調布飛行場から飛び立った飛行機がわずか数十秒ほどで墜落してしまったようです。
 現時点ですでに3人の方が亡くなってしまったようです。

 亡くなった方のご冥福をお祈りいたします。

 こうご事務所(私の自宅)は調布市内にはありますが、事故現場からはかなり離れており、私自身には事故の直接的な影響は全くないです。
 事故のことも、親戚からのメールで知ったくらいです。

 ただ、調布飛行場は調布の名所としてこのブログでも紹介しましたし、何回か訪れています。
 味の素スタジアムをはじめ、近くに行ったことや近くを通ったことも何回もあります。
 
 調布という地名がこのような事故で全国に報道されるのも残念です。

 逃げ遅れた方がいらっしゃるとの報道もありますが、これ以上犠牲者が増えないことを祈るとともに事故原因の解明と、再発防止策が待たれるところです。
[ 2015/07/26 18:11 ] 調布 | TB(-) | CM(0)

相続人は誰?

 東京都調布市のこうご司法書士事務所です。

 今日は、第1回休日電話無料相談会と題して、朝から16時まで、電話にて様々なご相談を受け付けているところです。
 登記、相続、過払い金、借金問題、何でもいいのでお気軽にお問い合わせいただければと思います。

042-444-7960

 さて、電話受付の合間に、こうご事務所のHPに相続人は誰?というページを作ってみました。
 具体的な事例で、相続人が誰になるのかを図とともに開設するページです。

 まだ作りかけですが、少しずつ拡充していけたらと考えているので、善かったらご覧いただければと思います。
 感想等お寄せいただければなお嬉しいです。
[ 2015/07/26 13:55 ] 相続 | TB(-) | CM(0)

三鷹で取れた無農薬野菜をいただく

 東京都調布市のこうご司法書士事務所です。
 毎日暑い日が続き、若干寝不足の毎日です。

 以前、三鷹で作られた無農薬野菜をいただいたという話をブログに書きましたが、昨日もまた何種類かの野菜をいただきました。

 いただいたのは、トマト、キュウリ、ナス、ジャガイモです。
 ジャガイモは先日、妻の実家からも送られてきたので、うちには現在、八百屋さんに負けないくらいのジャガイモがあります。

 トマトとキュウリは早速昨晩、パンに載せて食べました。
 最近、野菜をパンに載せて食べることにはまっているのです。

 パンは勿論?、一本堂三鷹店の食パン。
 期せずして、食材のほとんどが三鷹産になりました。

 キュウリやトマトはそのまま何もつけずに、ビールのつまみにして食べるのもなかなかです。
 ナスは味噌汁、ジャガイモは味噌汁、ポテトサラダ、カレーなどに姿を変える予定です。

 実は、いただいた野菜を作っているのは、三鷹にお住いの某弁護士の先生です。
 過払い金が140万円を超えた時など、司法書士の代理権を超えた民事事件や東京地裁本局の管財人が入る破産案件などはこの先生にお願いしようとしているのですが、まだそのような案件を受任したことはないのが現状です。
[ 2015/07/26 10:07 ] 三鷹 | TB(-) | CM(0)

第一回休日無料電話相談会開催

 2015年7月26日、無料電話相談会を開催することにしました。
 相続登記から過払い金返還請求、債務整理、身近な法律問題など、何でもいいのでお気軽にお電話いただければと思います。

 なお、司法書士の代理権の問題でご相談を承れない場合、複雑な問題等電話での解決が難しい場合、面談を経ないと相談以上のことは承れない場合等がありますので、予めご了承ください。

 なお、事前にメールにて相談内容を知らせていただくと、お答えがスムーズになるかと思います。

2015年7月26日 こうご司法書士事務所電話無料相談会
042-444-7960
gsktn@kyf.biglobe.ne.jp
9時から16時まで
ご予約いただければ、それ以外のお日にちや時間帯でのご相談も承ります。
ご予約がある場合、ご予約を優先いたしますので、ご予約がない場合、相談を承りかねる場合があるので、ご了承ください。
[ 2015/07/25 16:51 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

こうご司法書士事務所

Author:こうご司法書士事務所
相続・後見・登記・債務整理など、調布、三鷹、武蔵野を中心に、多摩地区、東京近郊、そして全国からのご依頼お問い合わせをお待ちしております。

事務所概要
こうご司法書士事務所
司法書士 向後弘之
東京都調布市西つつじヶ丘3-26-7
アーバンフラッツMA202
TEL042-444-7960
FAX042-444-7986
HP こうご司法書士事務所
Email gsktn@kyf.biglobe.ne.jp