こうご司法書士事務所ブログ 2015年07月
fc2ブログ

こうご司法書士事務所ブログ

調布市西つつじヶ丘(東京都多摩地域)の「こうご司法書士事務所」のブログです。調布市、三鷹市、武蔵野市、府中市、狛江市等の多摩地区を中心に、相続、相続登記、不動産登記、商業登記、成年後見、過払い金返還請求等の業務を行っています。

メールフォーム(問い合わせフォーム)

 東京都調布市のこうご司法書士事務所です。

 5月に東京都調布市にて開業し、二か月ちょっとが経とうとしています。

 想定していた通りではありますが、何らかの意味での知り合いの方からのご依頼以外はほとんどない状態です。

 そうした期間何をしているかというと、各種研修会に参加したり、書籍を読んだりして自己研鑽、スキルアップを図ったり、ホームページやブログを少しずつ充実させ、検索順位を上げたり、お問い合わせを増やしたりするための布石を打ったりしているところです。

 そうした効果も、少しではありますが、徐々に見えてきているかなというのが現在の状況です。

 さて、その一環として、無料のメールフォーム(問い合わせフォーム)を作成してみました。
 まずは実験的に、こうご事務所債務整理問い合わせフォームというものを作ってみました。

 なぜ、債務整理にしたかというと、登記や相続等は、プルダウンを選択してもらうよりもメールやFAX、電話で問い合わせ内容を記入したり行っていただくほうがスムーズかなと思う一方、債務整理では借金が何社からあるとか、借金の総額がいくらか等、相談内容をプルダウンで選ぶのに適しているかなと考えたためです。

 今回のメールフォームはセキュアフォームを利用して作成してみました。
 無料版で、しかも試作した感じですが、反響次第ではもっと作りこんだり、有料版を利用したりもしてみようかなと思っています。

[ 2015/07/25 16:25 ] 開業に向けて | TB(-) | CM(0)

1人取締役株式会社において取締役を増員した場合の登記

 個人事業主の法人成り等で株式会社を作る場合、発起人、株主、取締役が同一人かつ一人ということも多いのではないでしょうか?

 経営が軌道に乗って、取締役の数を増やしたい、そういう場合、どのような手続きをして、どのような登記をすればいいでしょうか?
 ここでは、代表取締役は創業者のまま変更せず、臨時株主総会にて取締役を増員するという前提で考えてみることにします。


 まず、定款にどのような定めがあるかが問題となります。
 例えば、「取締役を3名以内置く」という定款の定めがある場合、取締役を4名に増員する場合、定款の当該部分を変更する必要があります。
 
 もう一つ問題となるのが、代表取締役の選定方法がどのように定められているかです。
 例えば、「取締役が2名以上いる場合は、取締役の互選により代表取締役を定める」というような定めがある場合、代表取締役は取締役の互選で定めることになります。
 株主総会で定めることになっていれば、株主総会で決めることになります。

 もし、代表取締役の選定方法が定められていない場合、新任取締役も代表取締役になることになります。
 取締役会を設置していない株式会社は各自代表が原則だからです。

 今回の例の場合、会社の創業者=一人株主=一人取締役(代表取締役)なわけですから、取締役増員に合わせて定款を変更してしまえばいいので、変更の可否が問題になることはないでしょう。
 ただ、登記の際、定款を添付する必要はあるので、他の添付書類と齟齬がないように定款の整備をする必要はあります。

 さて、このような場合、どのような登記が必要かというと、取締役の変更登記だけということになります(これを機会に取締役会を設置するというような場合には当然、その登記も必要です)。
 代表取締役は従来のままですので、代表取締役の変更登記は必要ないのです。

 気を付けなくてはならないのは、代表取締役の変更登記は必要ないが、代表取締役の選定を証する書面と代表取締役の就任承諾書の添付は必要だという点です。

 つまり、互選で代表取締役を選定する場合、就任承諾書の援用をしないとすると
定款
株主総会議事録
取締役の就任承諾書
互選書
代表取締役の就任承諾書
印鑑証明書
(委任状)
 の添付が必要となります。

 今回は代表取締役を変更しない例でしたが、代表取締役を変更する場合、登記の事由が取締役及び代表取締役の変更となりますが、添付書類は代表取締役の変更がない場合と同じということになります。
[ 2015/07/24 17:26 ] 商業登記 | TB(-) | CM(0)

つつじヶ丘 パティスリー・ルミュー

 東京都調布市のこうご司法書士事務所です。
 
 先日、つつじヶ丘のパティスリー・ルミューに行って、スイーツをいくつか購入してきました。

 中でも一番気に入ったのがシュークリーム。
 久々においしいと思えるシュークリームでした。

 つつじヶ丘まではすぐに行けますし、パティスリー・ルミューは駅からすぐのところにあるので、またシュークリームを購入しに行ってみようと思っています。

[ 2015/07/23 18:31 ] つつじヶ丘 | TB(-) | CM(0)

”過払い金返還請求事件”は間違いか?

 訴訟を起こすには、まずは訴状を裁判所に提出することになります。

 訴状には事件名を書きます。
 過払い金返還請求の場合、不当利得返還請求事件と書くのが一般的です。

 では、例えば、過払い金返還請求事件と書くと間違いなのでしょうか?

 おそらくは、間違いではないと思います。
 事件名はこのように書くと決まっているわけではありませんし、実際に、過払い金返還請求事件として継続しているのを見たことがあります。
 法廷に行くと、入口のところにその法廷で行われるその日の事件が一覧になって出ているのですが、そこに過払い金返還請求事件と表示されているのを何回か見たことがあります。

 それに、よくよく考えてみると、今はほとんどの場合、過払い金返還請求は不当利得返還請求と構成して主張がなされていますが、主に時効を回避するために、不法行為等、異なる法律構成で過払い金返還請求を行うことも考えられます(認められるかは別問題ですが)。
 だとすると、むしろ、過払い金返還請求事件のほうが正しいのかなとさえ思えてきます。

 また、仮に裁判所がこの事件名は変だろと思ったとしても、補正をすればいいだけですから、あまり神経質になることはないのかなとも思います。

 あまり有益なお話ではなかったと思いますが、過払い金返還に関する雑談でした。


東京、神奈川、埼玉の過払い金返還請求はこうご司法書士事務所へ。
こうご司法書士事務所
042-444-7960


 
[ 2015/07/23 18:03 ] 過払い金 | TB(-) | CM(0)

過払い金返還請求と移送

 過払い金返還請求の訴訟を起こすと、一部の業者から移送を申し立てられることがあります。

 移送とは違う裁判所に訴訟手続きを丸ごと移すというもので、申立てまたは職権により移送することができることになっています。

 さて、移送には2パターンあって、一つ目のパターンは地域を移すというものです。
 訴訟を起こすときは、原告の住所地で起こすことが多いと思いますが(貸金業者の本店が東京にある場合で、東京で提訴したほうが便利な場合は東京で提訴したりもしますが)、こういった場合に、被告の住所地の裁判所に移送を申し立てるということが行われることがあります。

 例えば、北海道の方が北海道で過払い金返還請求の訴訟を起こしたとして、それが東京や京都に移送されてしまうと、裁判は東京や京都で行われることになり、かなりの負担増になってしまいます。

 もう一つのパターンが簡裁から地裁への移送(もしくはその逆)です。
 司法書士の代理権は140万円以下の簡易裁判所管轄の事件に限られますが、一部業者はいろいろ理由を付けて地裁への移送を申し立てることがあります。

 いずれの場合も、きちんと理由を付けて反論すれば移送が認められることはほとんどないはずです。
 意見書にまとめて反論することになりますが、
・約款に管轄合意があったとしても、貸金訴訟についての合意であって、過払い金返還訴訟についての合意ではないこと
・約款の管轄合意は消費者契約法10条によって無効であること
・原告は一般市民であり、被告は全国に支店を持ち全国的に営業しているきぎょうであるので、公平の観点からも移送は認められるべきではないこと
 等を主張することになるかと思います。

 ただ、ごくまれに移送が認められてしまうことがあるので注意が必要です。
 もし、移送決定が出た時も、それであきらめずに、移送決定に対する即時抗告申立をすることもできます。

 ほとんど認められることがないのになぜ移送申立てをするのか疑問に思うかもしれませんが、認められれば儲けものですし、認められなかったとしても、本案に入るのを一か月か二か月は送らすことができるのです。
 言い方は悪いかもしれないですが、嫌がらせや時間稼ぎの目的は十分に果たすことができるのです。

 司法書士や弁護士に依頼する場合、移送云々を気にする必要はないかと思いますが、ご本人で過払い金返還請求訴訟を行おうと考えている場合、移送ということを頭の片隅に置いておいたほうがいいかなと思います。


東京、神奈川、埼玉の過払い金返還請求はこうご司法書士事務所へ。
こうご司法書士事務所
042-444-7960


 
[ 2015/07/23 17:43 ] 過払い金 | TB(-) | CM(0)

麺処 八蔵

 東京都調布市のこうご司法書士事務所です。

 今日は気分転換を兼ねて、少し遠くまで昼食を食べに行ってきました。
 と言っても、自転車で10分くらいの距離ですが...。

 今日行ったのは、麺処 八蔵

 住所でいうと三鷹市ですが、三鷹と聞いてたいていの人が思い浮かべる場所とはかけ離れています。
 東八道路と武蔵境通りが交わる交差点から少しグルメシティのほうに進んだところに麺処 八蔵はあります。

 以前から、何回か前を通っていたのですが、訪れる機会がなく、今回ようやく訪れる機会に恵まれたわけです。

 小さなお店で店主がお一人でやっているようですが、接客態度もよく、気持ちのいいお店でした。
 そして何より、とろとろのチャーシューがとても印象的でした。
 私は柔らかいチャーシューが好きなのですが、まさにその好みに一致していました。

 面は若干、あれ?と思わないではなかったですが、チャーシューだけで、また訪れたいと思わせてくれるお店でした。
 
[ 2015/07/23 14:38 ] 三鷹 | TB(-) | CM(0)

お盆休みなしで通常通り営業いたします。

 東京都調布市のこうご司法書士事務所です。

 こうご事務所は、お盆休みはなく、8月もカレンダー通り営業いたします。
 お電話でのお問い合わせ、ご相談は勿論、事務所での面談、出張での面談、メールによるお問い合わせ、ご相談、に対応できるようにいたしますので、お盆休み中もお気軽にこうご事務所をご利用いただければと思います。
[ 2015/07/23 11:43 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

つつじヶ丘 クルア・タイ

 東京都調布市のこうご事務所です。
 
 今日は都心での用を済ませた後、つつじヶ丘で夕食をとることにしました。
 訪れたのは、前々から気になっていた、タイ料理の店クルア・タイ
 国道20号線(甲州街道)沿いにありますが、うっかりしていると見落としてしまいそうな、地味で小さなお店です。

 食べログ等のレビューに書かれているように、タイ人のおばさんがお一人で店を切り盛りしており、かなり忙しそうです。
 注文してから料理が出てくるまでも結構時間がかかかります。

 でも、味は素晴らしい。
 何品か頼みましたが、どれもはずれなし。
 生春巻きとトムヤムクンが特に美味しかったです。

 しかも、コストパフォーマンスもよく、二人で満足するまで食べて、5000円でおつりが来ました。

 一人で夕食を食べにくる用のお客さんもいるようで、しっかりと固定客もついている感じでした。
 近くでなくても再訪したいお店が近くにあるのですから、再訪は確実だと思います。
[ 2015/07/22 22:13 ] つつじヶ丘 | TB(-) | CM(0)

九州らーめん 祥

 東京都調布市のこうご司法書士事務所です。

 昨日は「立川で事例から学ぶ遺言執行の実務」という研修があったのですが、事務所から立川に行くには、バスで中央線の駅に出るのが最短ルートになっています。

 北の台小学校バス停から三鷹駅か吉祥寺駅行のバスに乗るのですが、三鷹駅行のバスに乗り遅れてしまったので、吉祥寺駅行のバスに乗り、吉祥寺経由で立川に向かうことにしました。

 途中、吉祥寺で遅い昼食を取ることにしました。
 事前にどこで食事をするとは決めていなかったのですが、たまたま通りかかって入ったのが、九州らーめん 祥というお店でした。

 頼んだのは金祥ラーメン。
 とんこつはあまり得意ではないのですが、臭みがなく、癖もなく、とても美味しかったです。

 とんこつに対する苦手意識を克服するまでには至りませんでしたが、吉祥寺に行く機会は結構あるので、またそのうち寄ってみようかなと思っています。
[ 2015/07/22 09:21 ] 吉祥寺 | TB(-) | CM(0)

事例から学ぶ 遺言執行の実務

 今日は東京司法書士会三多摩支会主催の研修、事例から学ぶ 遺言執行の実務に参加してきました。

 遺言執行や財産管理は司法書士にとって今後有望な分野であることは間違いなく、研修もかなりの盛況を見せていました。
 席は満席でしたし、記憶が正しければ、参加募集があってから数日で募集締め切りになったはずです。

 18時15分から21時までの長丁場でしたが、実務も交えた大変興味深いお話で、時間があっという間に過ぎてしまいました。
 実はまだ遺言執行者になったことはなく、この分野の実務経験はないのですが(書籍だけは何冊か購入して読んでいましたが)、この分野をやってみたいという思いを強くさせる、意義のある3時間弱の時間になりました。


 この研修は、立川の立川市女性総合センターアイムにて開かれましたが、立川に行くのは久しぶりでした。
 以前はハイキングの帰りに打ち上げに使ったり、たまに遊びに行ったりもしていたのですが、ハイキングに行く回数がめっきり減ってしまったり、しばらく新百合ヶ丘に住んでいたこともあり、立川とは縁遠い生活になっていました。

 これからも三多摩支会の研修等にも積極的に参加していきたいと思っているので、立川や八王子に行く機会も増えるかなと思っています。
[ 2015/07/21 23:59 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

こうご司法書士事務所

Author:こうご司法書士事務所
相続・後見・登記・債務整理など、調布、三鷹、武蔵野を中心に、多摩地区、東京近郊、そして全国からのご依頼お問い合わせをお待ちしております。

事務所概要
こうご司法書士事務所
司法書士 向後弘之
東京都調布市西つつじヶ丘3-26-7
アーバンフラッツMA202
TEL042-444-7960
FAX042-444-7986
HP こうご司法書士事務所
Email gsktn@kyf.biglobe.ne.jp