こうご司法書士事務所ブログ 2015年06月
fc2ブログ

こうご司法書士事務所ブログ

調布市西つつじヶ丘(東京都多摩地域)の「こうご司法書士事務所」のブログです。調布市、三鷹市、武蔵野市、府中市、狛江市等の多摩地区を中心に、相続、相続登記、不動産登記、商業登記、成年後見、過払い金返還請求等の業務を行っています。

三鷹の無農薬野菜

 調布市深大寺のこうご司法書士事務所です。
 いつの間にか、6月も下旬となり、調布にて事務を開設してから一か月以上経ちました。

 本日、ひょんなことから、三鷹で育てられた野菜をおすそ分けでいただきました。
 無農薬で育てた野菜とのことです。

 キュウリ、ブロッコリー、キャベツ、大根をいただきましたが、本日とりあえず、料理しなくても食べられるキュウリとブロッコリーをいただきました。
 キュウリは生で、ブロッコリーは軽くゆでて食べましたが、味が濃く、とても美味しかったです。

 こうご事務所は調布市深大寺にあり、三鷹市との境付近にあります。
 世田谷区、武蔵野市、小金井市、府中市などにも自転車で10分から20分でいける立地にあります。

 この付近は、森や緑も多く、畑もたくさんあります。
 事務所の近くにも、野菜の直売所がいくつもあります。

 地産地消ではありませんが、調布や三鷹など、地元で採れた野菜をできるだけ食べようと思います。
[ 2015/06/20 22:03 ] 三鷹 | TB(-) | CM(0)

調布の花火大会

 東京都調布市のこうご司法書士事務所です。
 東京地方は、梅雨の合間の晴れ間という感じです。

 先日、調布市の市報(市報 ちょうふ)が配布されたのですが、一面の記事は、調布の花火大会についてでした。
 今年の花火大会は市制60周年記念(第33回調布花火) 映画のまち調布”夏”花火2015と題して、8月22日に開かれるようです。
 
 実は私は、調布の花火には行ったことはありません。
 この5月から調布市に移り、調布に事務所を開設したわけですが、東京に出てきてから20年ちょっとの間、割と調布から近いところに住んでいました。
 しかし、調布の花火には一回も行ったことはありませんでした。

 今年は、花火に行けるかどうかわかりませんが、行けなかったとしても、事務所付近から花火が見えないかなと期待しています。
 目の前には深大寺の森が広がっているのですが、大きな打ち上げ花火なら見えるのではないかなと思います。

 花火のプログラムの詳細は未定のようですが、昨年実績で8000発、ナイアガラ花火の実施も決まったようで、従来と同じかそれ以上の規模になることが期待できるのではないでしょうか。

 花火には有料席もあり、市民先行販売は6月24日午前10時から、一般販売は6月29日午前10時から、ローソンチケット等で販売が開始されます。
 
 詳しくは、映画のまち調布”夏”花火2015をご覧ください。
[ 2015/06/20 10:08 ] 調布 | TB(-) | CM(0)

商業登記簿(会社謄本)に旧姓の記載ができます

 東京都調布市のこうご司法書士事務所です。

 特に女性の方で、結婚後も旧姓で仕事をなさっている方は少なくないと思います。
 会社の役員等をなさっている場合、仕事で使っている氏が謄本に記載されていないということでご不便を感じることもあったのではないかと思います。

 実は現在では、旧姓(婚姻前の氏)の申し出をすると、旧姓を商業登記簿に記載することができるようになっています。
 商業登記簿に記載されるということは、旧姓が会社謄本に載ってくるということになります。

 商業登記簿に旧姓の記載ができるようになったのは、平成27年2月27日、つまり今年の2月からということになります。

 会社謄本にどのように載ってくるかというと、

取締役 甲野一子(乙野一子)

 このように記載されます。
 カッコ書きで記載されているのが旧姓(婚姻前の氏)です。


 商業登記簿に旧姓の記載をするには、具体的にはどのように手続きすればいいのでしょうか?
 役員等の婚姻前の氏の記録の申し出をすることになります。

 ただし、注意点があります。

 役員の就任等の登記の申請をするときで、その申請により登記簿に氏名が記録される方についてのみ、婚姻前の氏を記録するよう申し出ることができることになっています。

 ざっくり言ってしまうと、旧姓の申し出だけ単独ですることはできないよ、何かの登記のついででないとできないよということになります。

【同時に婚姻前の氏の記録の申出をすることができる登記申請】
・設立登記
・清算人の登記
・役員又は清算人の就任による変更の登記
・役員又は清算人の氏の変更の登記


 このような登記のついでに(しかも旧姓の記録をするその人について変更等がある場合に)、旧姓の記録の申し出ができることになっています。

 しかし、現在に限っては、旧姓の記録の申し出だけを単独ですることができます。
時限的措置として、平成27年8月26日までは、婚姻前の氏の記録の申し出のみを単独ですることができるのです。

 それ以降は、他の登記と同時にしなくてはならなくなります。
 多くの会社では、何年かに一回の役員変更のタイミングで、旧姓を記録する申し出をすることになるのかと思います。

 ですので、それまで待てないという方は、お早目に手続きされるのがいいと思います。

 ところで、旧姓の記載の申し出をするのは、あくまで会社の代表者です。
 旧姓を記録してほしい本人が申し出るわけではないので、注意が必要です。
 登記は代表者の名前でするのは当たり前ですが、旧姓の記録の申し出も登記の一種であり、やはり、登記の原則通り、代表者が行うということになります。

 ですので、旧姓の記録を申し出たいという方は、まずは代表者に話してみるということになるのかなと思います。


 余談ですが、旧姓(婚姻前の氏)が登記簿に記載できるようになったことが、あまり大きなニュースになっておらず、あまり知られていないと感じるのは気のせいでしょうか?
 まだ始まったばかりの制度なので統計等はしばらく出てこないと思いますが、旧姓の記録の申し出が何件ぐらいなされているのか気になるところです。 
[ 2015/06/19 08:23 ] 商業登記 | TB(-) | CM(0)

ブログと広告

 私もそうですが、司法書士の中にはブログを書いている人もたくさんいます。
 多くの人は無料ブログサービスを使っており、その場合、広告が表示されます。

 こうご司法書士事務所ブログにも広告は掲載されています。

 このFC2ブログは広告が大々的に表示されることはなく、ひっそりと表示されています。
 それも、FC2ブログを選んだ理由の一つです。

 そもそも無料のサービスですし、無料のサービスを維持するために広告が表示されても問題ない(やむを得ない)と思います。

 ただ、内容によっては困ったことが起こります。

 困ったことが起こるのは、多くは、過払い金返請求や任意整理等の債務整理の記事においてです。
 過払い金返還請求等の広告の需要が多いということもあるのかもしれません。

 どのようなことが困るかというと、一つ目のパターンとしては、任意整理や破産のブログ記事に対して、カード会社やローンキャッシングの比較サイト等、借金をするためのサイトの広告が表示される場合です。
 借金を整理したり、借金の免責を受ける手続について書いた記事に、借金をするためのサイトの広告が表示されると、うーんと思ってしまいます。

 もう一つは、他の事務所の広告が載ってしまうことです。
 これは過払い金返還請求関連の記事で起こりがちです。
 ブログを書くということは、仕事の一環でもあり、事務所のPRや宣伝の意味も多分に含まれているのは否定できないと思います。
 にもかかわらず、これまでの経験や書籍、判例等にあたって、丁寧に書かれたであろう過払い金返還請求の記事に対して、他の事務所の、それも結構大きなバナー広告が表示されてしまうと、やはり、うーんと思ってしまうのです。

 有料のブログサービスを利用するという選択もあるかとは思いますが、自分のブログに表示される公告については、もう少しナーバスになったほうがいいかなと思います。
[ 2015/06/18 21:16 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

犬の散歩とリフレッシュ効果

 東京都調布市のこうご司法書士事務所です。

 私の家(事務所兼自宅)では犬を飼っているのですが、毎朝散歩するのが日課となっています。
 雨が降ると犬が嫌がる場合があるので、そういった場合や午前中の早い時間から外出する必要があるときは、散歩の時間を短くすることになりますが、基本的には1時間くらいは散歩するようにしています。

 毎日1時間の散歩は楽ではありませんが、いい運動になりますし、リフレッシュにもなりますし、心身ともにプラスになるような気がします。

 過払い金返還請求や任意整理の交渉で電話で話すこともありますが、基本的に司法書士の仕事は、登記の申請書や訴状準備書面などの書類を黙々と作ることがメインです。
 過払い金返還請求や任意整理では、業者から送られてきた取引履歴をもとにエクセルに黙々と日付と金額を打ち込んだりします。
 
 仕事の打ち合わせや見積もりはメールやFAXですることが多くなり、仕事時間中、一歩も外に出なかったり、誰ともしゃべらないという日もままあります。

 どうしてもストレスがたまるのですが、犬の散歩はストレス解消にかなり役立っていると思います。

 煮詰まってしまったり、気分がもやもやしたときに、深大寺の緑の中を歩くと、心がすーと晴れていくことがあります。
 マイナスイオンとか、そういう大げさなことを言うつもりはないですが、緑や森の中を歩くと、癒し効果は確かにあるのだなと日々実感しています。
 
[ 2015/06/18 08:10 ] ペット | TB(-) | CM(0)

債務整理(過払い金返還請求)の書籍

 私が債務整理(特に過払い金返還請求)を受任するために読んでいる書籍をご紹介します。

「クレジット・サラ金 処理の手引(5訂版補訂)」東京弁護士会・第一東京弁護士会・第二東京弁護士会
 平成26年発行の新しい本です。
 債務整理の本は何がいいと聞かれたら、私は多分、この本を薦めると思います。

 債務整理を受任するときの心構えから、論点、書式、判例が網羅されています。
 債務整理に限らず、業務知識は、実務によって得るに如くはなしという面はあるかと思いますが、この本を読んだうえで実務に臨むと、スムーズに実務に入っていけると思います。
 そういった、入門書の役割を果たしていると同時に、全部ではありませんが、有名な論点や注意点が載っているので、時々眺めたりして知識の退化を防ぐことができますし、手元において参考書として使うこともできます。

 過払い金返還請求だけでなく、債務整理の受任、任意整理、破産、再生についても一通り載っている、お勧めの本です。

 また、数年ごとに改定が行われているので、本から得られる情報が古くないのもおすすめポイントです。

 A4で資料の部分も含めると500ページを超えるので、重いのが難点ですが、債務整理の相談会があるとしたら、会場に持って行きたい本です。

「過払い金返還請求・全論点網羅 2013」監修名古屋消費者信用問題研究会 編著 瀧康暢 民事法研究会 この本も平成25年発行の新しい本です。
 債務整理をやっている人なら知らない人はいないであろう、名古屋消費者信用問題研究会の本です。

 全論点網羅という題名の通り、過払い金返還請求に関する諸論点が網羅されています。
 また、各論点についての関連判例が一覧になっており、付録のCDROMに刊行物未搭載判例がついているのも魅力の一つです。

 この本に目を通しておくと、初見の論点にあたるということが少なくなりますし、いざ、不確かな論点にあたった時に参照するのにも便利です。

「Q&A 過払い金返還請求の手引(第5版)」 名古屋消費者信用問題研究会 編 民事法研究会
 この本は、平成26年に第5版が出ました。
 第4版も持っていましたが、第5版も買いました。

 上二つに比べると、参照頻度は落ちますが、やはり、判例等がついているCDROMがついているのが魅力です。
 
[ 2015/06/16 14:53 ] 過払い金 | TB(-) | CM(0)

過払い金と時効 受任通知(介入通知)は催告になるか

 古い取引の過払い金返還請求では、仮にかなりの過払い金があったとしても、時効により請求できない可能性があります。

 いつまで取引をしていたとか、最終返済がいつだとか、覚えていたり、記録が残っていることはまれだと思います。
 通常は、消費者金融から来た通知やATMの明細書、キャッシュカードの類は捨ててしまうという例がほとんどだと思います。

 ですので、実際のところ、取引履歴を取り寄せてみないと、最後の取引から10年経っているか(時効期間が満了しているか)はわからないのが現状だと思います。

 ただ、そうは言っても、聞き取りの結果、時効ギリギリかもしれないという話が出てくることがあります。
 そういう場合、FAXでできるだけ早く、受任通知(介入通知)を送ることになります。

 ここで問題となるには、受任通知によって、時効を止めることができるかということです。
 もう少し正確に言うと、司法書士や弁護士が業者に送る受任通知(介入通知)は時効中断事由としての催告に該たるのかという問題です。

 受任通知には、「過払金が発生している場合は本書面をもって過払金の返還請求の催告をします。」という文言を入れておきます。
 問題となるのは、当たり前のことですが、受任通知を送る時点では過払い金の額がいくらかわからないということです。
 過払い金の具体的な金額が記載されていないのに、果たして催告になるのかという問題です。

 受任通知では、取引履歴の開示請求も行います。
 そして、法定利息での引き直し計算を行い、具体的な額をもって返還請求を行えば、これが時効中断事由としての催告にあたるということには争いがないのではないかと思います。

 問題は、受任通知送付後、具体的な金額での請求の前に時効期間が満了した場合です。
 この場合、受任通知に時効中断の効果があるかどうかで、過払い金の返還を受けられるかの結論が全く異なってしまいます。

 この点については、今のところ最高裁の判例はありませんが、下級審では弁護士の受任通知に時効中断事由としての催告の効力を認めた判例がいくつもあります。

 業者と交渉したり、裁判したりするときは、受任通知が催告にあたる(つまり時効ではない)ことを前提に交渉していきます。
 ただ、相手側は通常、催告にはあたらない(時効になっている)と主張してきますし、最高裁の判例がない以上、実際に裁判になった時にどうなるかはっきりしない面があるのが事実です。

 こういった場合、その辺のところを依頼者の方に詳しくご説明したうえで、専門家としての意見も述べ、依頼者と相談のうえ、方針を決めていくことになるかと思います。


※催告には暫定的な時効中断の効果しかなく、6ヶ月以内に裁判嬢の請求等、より強い時効中断事由を行う必要があります。
※残債務が残っている場合、逆に、残債務につき債務の承認をしたとみなされるおそれがあるので、受任通知には債務の承認ではない旨も記載するのが一般的だと思います。
 
[ 2015/06/15 18:43 ] 過払い金 | TB(-) | CM(0)

時効(消滅時効)の停止と中断

 学生時代、法律の勉強をしていて、分かりづらかったことのひとつに、時効の中断時効の停止の区別がありました。
 私がそれまで思っていた、中断という言葉の意味とずれていて、両者の区別に際して、若干混乱してしまったのです。

 時効の中断とは、時効期間の進行を中断し、時効期間の進行を振り出しに戻すことをいいます。
 それまでに進行した時効期間は全て無意味になり、時効期間は中断事由がなくなったあと、ゼロから再スタートすることになります。

 一般に、中断という言葉からは、いったん手続を止めて、再開後はその続きからスタートするのではないかという印象を持ちがちですが、それまでの期間は全てなくなり、新たにゼロから再スタートするというのがポイントです。

 時効の中断事由については民法第147条が次のように定めています。
147条 時効は、次に掲げる事由によって中断する。
一  請求
二  差押え、仮差押え又は仮処分
三  承認 

  このうち、請求には、
裁判上の請求
支払督促
和解及び調停の申し立て
破産手続参加、再生手続参加又は更生手続参加
催告
 があります。

 全部書いていると長くなってしまうので、ポイントを絞ると、単に口頭や文書(内容証明郵便も含む)で返還を請求しても、時効の中断事由である請求にはならないということがあります。
 では、例えば内容証明郵便による返還請求が何にあたるかというと、これは、催告になります。

 催告も時効中断事由である請求の一つなのですが、他の事由とは違うことが一つあります。
 催告の場合、催告をしたあと6ヶ月以内に、裁判上の請求等、他の請求に該当する行為を行わないと、時効中断の効力を生じないのです。

 つまり、催告には、本格的な請求をするまで、6ヶ月間の引き延ばし期間(猶予期間)が与えられるという効果しかないということになります。
 通常、裁判等には時間がかかりますが、とりあえず催告をしておき、6k月間の間に裁判を起こすということができるので、時効完成間際の時には催告の必要性が高まることになります。

 承認については、借金と消滅時効の問題やサービサー(債権回収会社)から時効になっている債務の請求を受けるというよくある問題と絡めて、また別の機械に書けたらと思います。


 時効の中断について長くなってしまいましたが、時効の停止とは時効の完成を猶予する制度になります。
 時効の停止は、時効の中断のように振出しに戻ることはなく、あくまで停止期間だけ、時効の進行が止まるだけで、停止事由がなくなると、一定期間の経過によって時効が完成します。
 時効の停止については民法158条から161条に書かれていますが、中断のように問題になることはあまりないと思うので、時効の停止についてはこれくらいにとどめておきます。
[ 2015/06/15 11:45 ] 法律用語 | TB(-) | CM(0)

玉乃屋の十割そば(太打ち田舎)

 今日の昼食は、玉乃屋で蕎麦を食べることにしました。
 
 玉乃屋は神代植物公園の深大寺門の前にあります。
 こうご事務所からは徒歩5~10分のところにあります。

 実はつい先日も行ったばかりで、ここ一週間の間で二回目の訪問ということになります。

 今回注文したのは、十割そば(太打ち田舎)とてんぷらの盛り合わせ。
 そばの香りがする十割の蕎麦で、堅めの麺も好みに合います。

 普段の昼食としては決して安くはないですが、味はかなりの満足度です。
 深大寺にはほかにも蕎麦屋がたくさんありますが、事務所(自宅)から近いこともあり、またしばらくしたら訪れることになりそうです。

 こうご事務所からも近いですし、事務所から深大寺バス停まで歩くちょうど途中にあるので、こうご事務所にご相談やご依頼に来てくださった際には、ちょっと寄り道して、玉乃屋でお蕎麦はいかがでしょうか?

 ただ、深大寺のお蕎麦屋さんのほぼすべてに共通することですが、玉乃屋も夕方には閉まってしまうので、お気を付けください。
[ 2015/06/14 18:53 ] 深大寺 | TB(-) | CM(0)

公証役場とは?

 公証役場という言葉を聞いたことがありますか?
 公証役場を利用したことはありますか?

 公証役場とは、公証人が執務する役場で、全国に約300か所ありま。
 公証人とは、実務経験を有する法律実務家の中から、法務大臣が任命する公務員です。
 公証人の多くは、司法試験合格後司法修習生を経た法曹有資格者から任命されることになっています。

 公証人の主な役割としては、公正証書を作成することが挙げられます。
 公正証書は公文書なので、証明力が高まるというメリットがあります。
 また、金銭の支払を内容とする契約の場合、公正証書が債務名義になるというメリットもあります。簡単に言うと、裁判手続きなしに強制執行ができることになります。

 公正証書で作成することが義務付けられていたり、公正証書で作成することが望ましい書類(契約書)もあります。
 代表的なものは任意後見契約の契約書が挙げられます。
 自己信託も、基本的には公正証書によって行うものとされています。

 その他、公正証書遺言や離婚に関する公正証書などがあります。

 公証人の役割は公正証書の作成だけではありません。
 司法書士になじみが深いものでいうと、定款の認証があります。
 株式会社を設立するときには、公証人による定款の認証が必ず必要になります。
 
 なお、持分会社(合同会社、合資会社、合名会社)の場合、定款の認証は不要ですし、株式会社でも、認証が必要なのは設立の時だけということになります。

 公証役場、公証人と聞くと、何か敷居が高そうに感じますが、公証役場では手続きについて非常に親切に教えてくれます。
 基本的に何でも教えてくれると思って間違いないですし、かなり利用しやすい所だと思います。

 というのは、公務員、お役所と言っても、公証人役場同士で競争があるという側面があるからです。
 市役所等と違って、利用できる公証役場が決まっているというわけではなく、どこを利用してもよいものだからです(たとえば、定款認証の場合、本店所在地のある都道府県内のどの公証役場でも認証を受けることができます)。

 公証役場は普通に生活しているとあまり利用することがないのは事実かもしれませんが、最近は遺言等も増えてきているようですし、公正証書で作成することが義務付けられていなくても公正証書で作成することが望ましいような場合にも、公証役場の利用を検討してはいかがでしょうか。
[ 2015/06/13 18:47 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

こうご司法書士事務所

Author:こうご司法書士事務所
相続・後見・登記・債務整理など、調布、三鷹、武蔵野を中心に、多摩地区、東京近郊、そして全国からのご依頼お問い合わせをお待ちしております。

事務所概要
こうご司法書士事務所
司法書士 向後弘之
東京都調布市西つつじヶ丘3-26-7
アーバンフラッツMA202
TEL042-444-7960
FAX042-444-7986
HP こうご司法書士事務所
Email gsktn@kyf.biglobe.ne.jp