こうご司法書士事務所ブログ 後見
fc2ブログ

こうご司法書士事務所ブログ

調布市西つつじヶ丘(東京都多摩地域)の「こうご司法書士事務所」のブログです。調布市、三鷹市、武蔵野市、府中市、狛江市等の多摩地区を中心に、相続、相続登記、不動産登記、商業登記、成年後見、過払い金返還請求等の業務を行っています。

成年後見とマイナンバーカード

 東京都調布市西つつじヶ丘のこうご司法書士事務所です。
 東京都調布市にて、相続・後見等の業務を行っています。

 現在、ニュース等で、マイナンバーカード(個人番号カード)の促進が図られていることが報じられています。
 いずれ、「促進」を超えて、マイナンバーカードの作成が事実上義務化されるものと思われますが、後見制度から見たとき、マイナンバーカードの義務化は、いくつもの問題を抱えていると思います。

 その一つが、

マイナンバーカードの取得が事実上義務化されるであろう状況なのに、マイナンバーカードの取得が非常に困難な方がいる

 という現実です。

 今回は、私が、実際に被保佐人のマイナンバーカードを取得した経験について語ることで、義務化をするなら、もう少し簡単にマイナンバーカードが取得できるようにすべきではないかという問題提起をしたいと思います。
スポンサーサイト



[ 2023/04/01 12:11 ] 後見 | TB(-) | CM(0)

マイナンバーカードと健康保険証の一体化、紙の健康保険証は廃止??

 マイナンバーカードと健康保険証が一体化し、紙の健康保険証の廃止を目指すことをデジタル相が発表したというニュースが在りした。

 あらゆるものがマイナンバーに紐付けされることについては、勿論リスクもあると思うのですが、そうしたことを肯定するのが世の中の流れなのだろうなと思います。
 (副作用があるにせよ)、「正常」な人にとって便利なのは間違いないのだと思います。

 ただ、後見制度との親和性という点では疑問が残ります。
 
[ 2022/10/17 16:07 ] 後見 | TB(-) | CM(0)

業務としての後見制度の今後

 東京都調布市深大寺北町のこうご司法書士事務所の司法書士の向後です。
 東京都の多摩地域を中心に、相続手続全般、成年後見等の業務を中心に、地域密着で司法書士業務を行っています。

 司法書士試験は、毎年、7月の第一日曜日に行われます。
 今年も試験の時期になり、受験生の皆さんは、非常に大変な時期かと思います。
 司法書士試験の受験生はここ数年毎年減り続けているようですが、それでもまだ16000人以上の方が出願されているようです。


 最近は、後見をやりたくて司法書士になるという方も増えてきているようです。
 今回は、そうした、これから司法書士になりたいと考えている方を意識しつつ、業務として考えた場合の「後見」について、私見を書いてみたいと思います。

 司法書士になりたい方が増えることや後見業務をやりたい方が増えることは非常にうれしいのですが、一方で、後見制度が曲がり角に来ていることをわかったうえで、「後見がやりたい」と思っているのか、ちょっと気になるところです。

 現在、業務として法定後見について考えた場合、法定後見が安定した業務として今後も存在し続けるかどうか非常に微妙であると言わざるを得ないと思うのです。
 少なくとも、司法書士に登録し、リーガルサポートという組織に入り、地道に活動していれば、営業努力をしなくても案件がもらえるというような時代は終わった(もしくは、終わりに近づいている)と思います。
 私は、おそらく、そうした恩恵を受けられた最後の世代であり、他の分野ではともかく、後見分野においては、広告宣伝等をあまりしなくても、経験を積むに十分な業務経験ができて、本当によかったと思っています。

 現在、後見(主に法定後見)は、大きな変革期を迎えています。

・後見制度利用促進基本計画の推進と中核機関の設置 
・基本報酬の見直し
・「専門職後見人からから親族後見人へ」の流れ
・法定後見から任意後見・民事信託(家族信託)等への流れ

 主なものをあげると、以上のような流れが、ある流れは目に見える形で、ある流れは伏流水のように目に見えない形で、確実に動き始めているのを感じます。

 この流れには、問題をはらんでいるものだけでなく、望ましい流れといえるものもありますが、おそらく、どの流れについても、「専門職にとっての安定な収入源としての法定後見」という観点からみると、いずれもマイナスに働くように思います。
 あるいは、特定の団体に所属していたり、特定の資格を保持していれば、何もしなくても充分な数の案件が獲得できるというようなことは、今後なくなるであろうと思われます。

 ただ、逆に言うと、特にこれからこの世界に入ってくる皆さんにとって、チャンスとも言えると思うのです。
 これからは、これまでのポジションに関係なく、努力次第でいかようにもなっていく時代になるはずだからです。
 ベテランであっても、この変化を感じ、柔軟に対応していけなければ窮地に陥るだろうし、そうしたベテランが窮地に陥ることは、これから入ってくる皆さんにとっては、マイナスではない(よい言い方かは別として、ベテランがコケた部分を新規参入者が取りに行ける)と思うのです。

 しかし、こうした状況は、新たに入ってくる皆さんよりも、現在、専門職三者(弁護士、社会福祉士、司法書士)によって占められているといってよい法定後見制度を忸怩たる思いで見ており、かつ、経験も豊富な、他士業の方々にとって、この上ないチャンスといえる状況だと思います。

 その意味で、「チャンスが万人に広がるが、一方で、淘汰される人も出てくる」というのが、現在の後見分野を業務としてみた場合の偽らざる現状なのではないかと思います。
 私も、相当の覚悟を持って、淘汰されないように頑張っていきたいと思うし、今現在司法書士を目指している方々に対しても、現在おかれている状況は非常に厳しいが(今回は後見のお話をしましたが、登記等の分野でも厳しい流れがいくつもあります)、その事実を認識し、かつ、覚悟をもって取り組めば、非常に魅力的で面白い世界なのではないかなと思います。


 私は、今後は、法定後見から任意後見や民事信託へという流れがどんどん広がっていき、一方で、任意後見や民事信託を利用できなかったり、利用しなかった人についてのセーフティネットとして法定後見の存在が増していく、という展開を予想しています。
 それに、報酬の見直し等も行われれば、法定後見は、ビジネスとしての要素が薄まり、半面、ボランティア的要素が強まってくるのではないかと思っています。

 本当にそうなるかはわかりませんが、仮にそうなったとしても、法定後見の重要性は変わらないと思います。
 それを必要な方々がいらっしゃるし、任意後見や民事信託中心の世界から零れ落ちてしまった方のためのセーフティネットとしての法定後見という捉え方をした場合、必要性の度合いが現在の法定後見よりも増す(より、弱者のための制度という意味合いが強まる)と考えられるからです。
 業務としての法定後見の価値が弱まったとしても、ボランティア的側面や専門職の社会貢献的側面は逆に強まっていくと思います。

 また、専門職の業務という側面から見た場合でも、仮に、任意後見や民事信託中心の世界になったとしても、法定後見の重要性は失われないと思います。
 私の個人的な思いかもしれませんが、任意後見、民事信託、財産管理の基本は法定後見にあり、法定後見から経験できること、学べることはとても多く、法定後見でいろいろ経験したり、苦しい思いをしたりすることは、任意後見や民事信託を行う上でも、きっとプラスになると思うのです。

 今後、環境が厳しくなっていくことは避けられないかもしれませんし、法定後見のみを業務とすることも不可能だと思いますが(現状でも、法定後見だけしかしていない方はそんなにはいないはず)、過大な期待をしなければ、まだまだ法定後見分野は業務的にも魅力的な分野であるというのが、今現在の私の結論となります。
 
[ 2019/07/03 16:12 ] 後見 | TB(-) | CM(0)

金融機関が後見に慣れているかの判断材料

 東京都調布市深大寺北町のこうご司法書士事務所のブログです。
 こうご司法書士事務所では、東京都の多摩地域を中心に、相続手続全般、成年後見等の業務を中心に、地域密着で司法書士業務を行っています。

 今後は、広い意味での「後見」に力を入れていきたいと考えています。


 私は、後見人として、延件数で20件弱、現在進行形でも12件(監督人含む)活動してきています。
 後見人になると、銀行で後見の届出を行うことが通常なのですが、びっくりするくらい時間がかかる手続きになっています。
 だいたい、1時間から2時間かかるのですが、銀行によって、意外と早く終わるところと、泣けてくるくらい時間がかかるところがあります。

 また、私のようにほとんどの案件が調布市や狛江市の方々についての後見人であるような場合、銀行の窓口の方の顔と名前が一致してきたりもします。
 
 さて、銀行で後見人の登録をする場合、調布太郎さんが成年被後見人で深大寺学さんが成年後見人とすると、

調布太郎 成年後見人 深大寺学

 というような署名を何ヶ所にもすることになります。

 後見の登録以後は、口座名義人の氏名自体が「調布太郎 成年後見人 深大寺学」と変わる銀行と、深大寺学さんが後見人として登録されるものの口座名義人氏名はあくまで調布太郎さんのままの場合があります。

 ただ、どちらの場合でも、後見人が預金を引き出すような場合は、「調布太郎 成年後見人 深大寺学」と署名し、後見人が登録した印鑑を押すのが通常です。


 ここで、ようやく本題になりますが、そうして窓口で手続きをして、引き出しを待っていると、「調布さん」と呼ばれる場合と、「深大寺さん」と呼び掛けられる場合と二パターンあります。

 深大寺さんは、調布さんと呼び掛けられて、自分のことだとわかるでしょうか??
 後見人を一件しかやっていないとかならともかく、10件程度やっており、被後見人の名前を呼ばれたとしても、なかなか自分が呼ばれているとは思えないのではないでしょうか。

 今回の例は、深大寺さんとか調布さんとか特殊な名前にしてしまったので分かりづらかったかもしれませんが、鈴木さんとか山田さんとか、よくある名前を呼ばれたような場合、自分のことと認識するのは結構難しいと思います。

 私の経験上、窓口の人が慣れていたり、成年後見のことを一定程度理解している場合、ほぼ100%、被後見人の名字ではなく、後見人の名字を呼ばれます。

 ここは意外と重要で、同じ手続きでも、慣れている人と慣れていない人で手続きの時間が5,6倍は変わってきてしまうのが成年後見です。
 できるはずのことをできないと言われてしまうことがあるのが成年後見です。

 比較的よくあることとして、後見人の印鑑を押印して引き出しをしようとすると、印鑑が違うと言われることがあります。
 特に、保佐人の場合でよくあるように思います。
 このようなことがないように、窓口の人が分かっていなさそうな場合、先回りして、自分が保佐人であり、保佐人の印鑑を押したということを前もって説明したりします。

 そうした、「窓口の人が後見制度をよくわかっていない」ということの判断材料の一つとして、後見人の名前を呼んでくれるのか、被後見人の名前を呼ばれるのかということは、意外と役立つ観点だったりするのです。

[ 2019/06/03 16:08 ] 後見 | TB(-) | CM(0)

後見をやっていると日に焼ける??

 東京都調布市のこうご司法書士事務所です。
 調布市、狛江市、三鷹市等を中心に、相続手続や後見等の業務を行っています。

 現在、私は、後見人等(成年後見人、保佐人)として、おおよそ6件程度に関わっています。

 後見人等をしていると、最低でも月一回は、ご本人の所を訪問し、状況を確認したり、お話を伺ったりします。

 私は、自動車免許を持っていないこともあり、多くの場合、自転車(もしくは自転車+公共交通機関)を利用して、施設やご自宅へ伺っています。
 自転車移動が多い理由は、車の免許がないことが大きな理由であることは間違いないですが、おそらくは、仮に車の免許を持っていたとしても、自転車移動をメインに行動していたと思います。

 自転車は小回りが利くし、駐車場を気にしなくてもよいからです。

 施設等であれば、駐車場もありますが、被後見人等(被後見人、被保佐人など)は、ご自宅で暮らしていることも少なくなく、そうした場合、駐車場を探すのが大変です。
 
 また、バスや鉄道を使う場合もありますが、後見等の場合、近くに住んでいらっしゃるというケースが多いので、バス等を使うよりも自転車のほうが早いケースが多いです。

 例えば調布市深大寺北町の当事務所から狛江市役所に行くという場合、自転車であれば30分かからずにつきますが、バス利用の場合乗り換えもあり、1時間はかかることを覚悟しておかなくてはなりません。

 そのようなわけで、後見業務を行っていると自転車移動が多くなるのですが、夏場は非常に暑いですし、日にも焼けることになります。

 従って、司法書士の中でも、後見を多くやっている人は、日に焼けているケースが多いのではないかと勝手に思っています。

 ちなみに私の場合、法務局(東京法務局府中支局)にも自転車で行くことが多いので、後見業務以外でも、自転車に乗ることが少なくないかもしれません。
[ 2017/08/22 20:27 ] 後見 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

こうご司法書士事務所

Author:こうご司法書士事務所
相続・後見・登記・債務整理など、調布、三鷹、武蔵野を中心に、多摩地区、東京近郊、そして全国からのご依頼お問い合わせをお待ちしております。

事務所概要
こうご司法書士事務所
司法書士 向後弘之
東京都調布市西つつじヶ丘3-26-7
アーバンフラッツMA202
TEL042-444-7960
FAX042-444-7986
HP こうご司法書士事務所
Email gsktn@kyf.biglobe.ne.jp