こうご司法書士事務所ブログ 開業に向けて
fc2ブログ

こうご司法書士事務所ブログ

調布市西つつじヶ丘(東京都多摩地域)の「こうご司法書士事務所」のブログです。調布市、三鷹市、武蔵野市、府中市、狛江市等の多摩地区を中心に、相続、相続登記、不動産登記、商業登記、成年後見、過払い金返還請求等の業務を行っています。

名刺について 字の大きさや肩書など

 東京都調布市のこうご司法書士事務所です。

 司法書士に限らず、仕事をしていくうえで、名刺は欠かせません。
 名刺を作るうえで、迷うことや、作った後で、「こうすればよかった」と後悔することもあります。
 今回は名刺について、色々と考えてみたいと思います。

<名刺の肩書> 
 名刺には通常、肩書を付けるのが一般的だと思います。
 私だったら、「こうご司法書士事務所」という屋号、会社の所属する方なら会社の名称を付けるのは勿論ですが、「代表取締役」とか「営業部」とか肩書を付けることがほとんどだと思います。

 私の場合、どのような肩書を付けるか迷います。
 
 以前、債務整理を中心に行っている事務所にいたときには、「認定司法書士」という肩書を付けました。
 「認定司法書士」とは、簡裁代理業務を行うための法務大臣の認定を受けた司法書士のことです。
 ほとんどの司法書士は認定司法書士なので、わざわざ認定司法書士と名乗るのはどうなんだろうと思わないでもありません。
 しかし、債務整理や裁判業務を行う上では、認定があるかないかは非常に重要なことなので、もし今でも、債務整理や裁判業務を中心に行おうとするならば、「認定司法書士」という肩書を使おうと思います。

 現在私は、「代表司法書士」という肩書を使っています。
 以前、ある司法書士の方と名刺交換をしたとき、「代表司法書士」という肩書がよさげに思えたからです。
 「代表」というからてっきり何人かで使用人司法書士がいるのかと思いきや、一人で営業しているとのことでした。
 「一人だって、代表に違いないでしょ」と言われてみれば確かにそうだなと思いました。

 そうしたこともあり、現在私は一人で事務所を営業していますが、「代表司法書士」と名乗っています。

 ただ、最近、「代表」という部分がクローズアップされ、一定程度大きな事務所を経営しているように錯覚されるケースが散見されるようになってきました。
 そのたびに、「一人でやっているんですよ」と説明するのは少し面倒になってきました。

 そこで、次に名刺を作るときには、この「代表司法書士」という肩書を変更しようかなとも考えています。

 やはり、シンプルに、「司法書士」とだけ書くのがいいかなと思っています。
 司法書士業務には、司法書士(資格者)にしかできないこともありますし、「司法書士」という肩書は欠かせません。

 或いは、「司法書士」だけでなく、「リーガルサポート会員」というのも付けようかなと考えたりもします。
 リーガルサポートとは、簡単に言うと、成年後見業務を行う司法書士の団体です。
 「リーガルサポート会員」と付記することで、成年後見業務を頑張っていますということをアピールするのが狙いです。
 
 福祉の現場の方や、社会福祉協議会、包括支援センターといったところの方々は、司法書士が成年後見分野で大きな役割を果たしていることうをご存知だと思うのですが、一般の方や他士業の方からは、「司法書士が後見なんてやるの?」という反応を示されることが少なからずあります。
 「リーガルサポート会員」という肩書を書いておけば、知らない方からも、名刺をご覧になったときに、リーガルサポートについての質問があり、それをきっかけに、司法書士と後見についてのお話ができるのではと思います。


<名刺の字の大きさ>
 特に、後見業務を行うようになってから、名刺の字の大きさについて意識するようになりました。
 福祉関係で、年配の方と接する機会が多い方は、ご年配の方でもよく見えるように、名刺の字を大きくしていらっしゃることが多いように思えます。

 最初に、時の大きい名刺を見たときに「はっ」と思いました。
 私にとって、名刺の字を大きくし、見やすくするということは、盲点というか、全く気が付かないことだったのです。

 その後、実際に、年配の方に名刺をお渡しした時に、「小さくて読めない」と言われたこともあります。

 被後見人の方々は、日々の生活で困ったことが生じ、後見人に電話をする必要が生じることも多々あります。
 後見人の名刺を目立つ場所に貼っておいてもらって、それを見て電話してもらうことになります。
 しかし、そんなとき、字が小さくて読めないというのでは困ります。

 後見絡みのときは、大きくて見やすい字の名刺を渡したいものです。


<複数の名刺を使い分ける>
 その他、交流会等、他業種の方と交わるような機会には、依頼者の方にお渡しする名刺とは違った名刺をお渡ししたいとも思います。

 複数の名刺を持ち、その時々によって使い分けるというのが理想なのではないかと思います。

スポンサーサイト



[ 2017/02/16 21:01 ] 開業に向けて | TB(-) | CM(0)

ブログを書くことにどれくらいの効果があるのか??

 東京都調布市のこうご司法書士事務所です。

 私は、東京都の多摩地区の調布市で開業して1年8か月ほどになります。
 その間、いくつかの集客方法を試してみました。
 集客に期待するというより、実験も兼ねてという意味合いが強いですが、有料の登録サイトに登録したり、郵便局にチラシを置いたりしてみました。
 また、弁護士事務所と共同でセミナーを開催したりもしてみました。

 そして、このブログも、事務所の営業の一環として、集客のために(より正確に言うと、ブログの更新が集客に効果があるのか実験する目的で)書いているものです。
 
 言うまでもないことですが、そういった目的がない限り、いくら個人事業主であるからといって、事務所の営業時間中に、事務所の営業に関係ないことを、それなりりの時間をかけて行うということはありえないことだと思います。

 さて、そのように、事務所の営業の一環としてブログを更新している以上、何らかの効果が求められることになります。
 数か月くらいならともかく、1年2年という期間、それなりの更新回数で、(自分なりに)内容の充実したブログを書いても、期待するような効果がまったくない(もしくは労力に比して効果が著しく少ない)のであれば、何らかの見直しが必要になるはずです。

 この場合の見直しとは、ブログの更新を止めるかブログの内容を見直すかその二つのパターンがあるのではないかと思います。

 このブログを書くことの間接的な効果はおそらくあるのだと思います。
 こうご事務所のHPは、特定のキーワードでそれなりの検索順位に表示されるようになっていますし、実際にネット経由の問い合わせやご依頼がコンスタントに来るようになってきました。
 この検索順位に、ブログがどれだけの寄与をしているのか、正確なところは不明ですが、ブログの寄与はそれなりにあるのではないかと思っています。

 ですので、一応、ブログを書くことの間接的な効果はあると思っています。

 しかし、より直接的な効果があるかは正直に言って、疑問です。

 直接的な効果とはどのようなものかと考えてみると、

ブログに反響がある
ブログの記事を見て依頼や問い合わせが来た
ブログの記事から人脈が広がった
ブログの記事を見て、同業者や異業種の方が興味を示してくれた

 などが考えられるのではないかと思います。

 残念ながら、このような効果はほとんどないです。

 そうなってくると、ブログの更新を止めるか、ブログの内容を見直すかする必要が出てきそうです。

 ただ、ブログの内容を見直すモチベーションはありません。
 ブログにかける労力はバカにならず、また、内容を見直すにもそれなりの労力が必要であり、正直に言うと、それだけの労力が掛かるのであれば、その労力を別の所にかけたいと思うのです。

 では、ブログの更新を止めるのかというと、まだそこまでの決心はできていません。
 先ほども書いたように、ブログを書くことの間接的効果(=事務所HPのSEO対策)を無視できないのです。

 となると、ブログを放置していることで事務所HPの検索順位にどれくらいの悪影響が出るのかということが気になってきます。

 その点については、悪影響はあまりないのではないかと思っています。
 実際、ブログを放置していた期間でも、検索順位が目に見えて悪化したというようなことはありませんでした。
 
 専門家ではないのでわかりませんが、ある程度しっかりしたHPがあれば、一度安定して一定程度の検索順位を確保すれば、ブログ等を放置していても、ブログのリンク先となっている事務所HPの検索順位にさほど影響がないのではないかと思うようになりました。

 そこで今後は、このブログの更新を息抜き程度の留め、様子を見つつ、また、SEO対策上、ブログの更新をすべきだという考えに至ったときに、改めて、ブログの更新について真剣に考えていきたいと思います。

 というわけで、このブログの更新頻度は今後かなり減っていくと思いますが、このブログの更新を止めるわけではないので、今後ともよろしくお願いいたします。

 
  
[ 2017/01/05 17:33 ] 開業に向けて | TB(-) | CM(0)

侮れない、SNS、HP、過去の人脈

 東京都調布市のこうご司法書士事務所です。

 今回は、一般の方向けというよりも、これから開業を目指す同業の方に向けてのお話です。
 ちょうど、もう間もなく、新たな司法書士試験合格者が誕生する時期ですし、タイムリーな話題かと思います。

 開業すると、いろんなところに人脈を作れとか、SNSを活用しろとか、そういう話が出てくると思います。

 一方でそんなことしても意味があるのか?という効果を疑問視する声もあります。

 ではどうなんだということですが、それは私にも残念ながらわかりません。
 経営や営業のことが分かっていたりノウハウがあったりすれば、もっと成功しているはずです。

 ですので、私が語れるのは体験談だけです。

 開業してから1年半しか経っていませんが、その中で言えるのは、SNSとかHPとか過去の人脈は絶対的なものではないが、それらを活用すると一定の効果があるということです。

 例えば、もう間もなく、ある弁護士の方と共同でセミナーをやることになっているのですが、Facebookで繋がってなかったら、そんな話になったかどうか...。

 或いは、士業交流会で知り合って、その後一回もお会いしたことのない土地家屋調査士の方に、こちらから、仕事のことでコンタクトをとるということがありました。
 お会いしたのは一度きりでしたが、Facebookで繋がっていたり、何より、年賀状だけでなく暑中見舞いまでいただいたのがお声がけしようと思ったきっかけでした。

 また、ハイキングサークルでの以前からの知り合いの行政書士の先生からお声がけをいただいたこともありました。

 更には、相談者の方に別の士業をご紹介する際に、HPを確認してみたいというおっしゃる方がいたことがあります。
 HPでの集客ができるかというと、難しい面もありますが、事務所の信用力確保のためにHPを持つというのは、今後必要になりそうです。


 正直言って、即効性はないと思います。
 しかし、少しかもしれないけれど、いつか効果は表れます。
 地道なことかもしれませんが、開業したら、SNS]とHPの活用、過去の人脈への挨拶状の送付はしておいたほうが良いかなと思います。

 
[ 2016/10/13 16:55 ] 開業に向けて | TB(-) | CM(0)

ラジカセ購入

 今日は、事務所の備品として、ラジカセを購入しました。

 こうご事務所では、普段は音楽を鳴らしたりはしていないのですが、お客様がいらっしゃった時くらいは音楽をかけたいと前々から思っていました。

 今までは、仕事用のパソコンで音楽を鳴らすしかなかったのですが、CDやカセットテープを有効利用する意味も込めて、ラジカセを購入することになりました。

 これでようやく、音楽を鳴らして、お客様を迎える体制が整いました。

 あとは、接客用のテーブルといすを何とか整えたいと考えています。
 現在は、以前尾家で使っていたパソコン机をお客様用テーブルの代用として使っており、椅子の数も、お客様が2人以上だと対応できない数しかないので....。
 
[ 2015/08/16 21:31 ] 開業に向けて | TB(-) | CM(0)

メールフォーム(問い合わせフォーム)

 東京都調布市のこうご司法書士事務所です。

 5月に東京都調布市にて開業し、二か月ちょっとが経とうとしています。

 想定していた通りではありますが、何らかの意味での知り合いの方からのご依頼以外はほとんどない状態です。

 そうした期間何をしているかというと、各種研修会に参加したり、書籍を読んだりして自己研鑽、スキルアップを図ったり、ホームページやブログを少しずつ充実させ、検索順位を上げたり、お問い合わせを増やしたりするための布石を打ったりしているところです。

 そうした効果も、少しではありますが、徐々に見えてきているかなというのが現在の状況です。

 さて、その一環として、無料のメールフォーム(問い合わせフォーム)を作成してみました。
 まずは実験的に、こうご事務所債務整理問い合わせフォームというものを作ってみました。

 なぜ、債務整理にしたかというと、登記や相続等は、プルダウンを選択してもらうよりもメールやFAX、電話で問い合わせ内容を記入したり行っていただくほうがスムーズかなと思う一方、債務整理では借金が何社からあるとか、借金の総額がいくらか等、相談内容をプルダウンで選ぶのに適しているかなと考えたためです。

 今回のメールフォームはセキュアフォームを利用して作成してみました。
 無料版で、しかも試作した感じですが、反響次第ではもっと作りこんだり、有料版を利用したりもしてみようかなと思っています。

[ 2015/07/25 16:25 ] 開業に向けて | TB(-) | CM(0)
プロフィール

こうご司法書士事務所

Author:こうご司法書士事務所
相続・後見・登記・債務整理など、調布、三鷹、武蔵野を中心に、多摩地区、東京近郊、そして全国からのご依頼お問い合わせをお待ちしております。

事務所概要
こうご司法書士事務所
司法書士 向後弘之
東京都調布市西つつじヶ丘3-26-7
アーバンフラッツMA202
TEL042-444-7960
FAX042-444-7986
HP こうご司法書士事務所
Email gsktn@kyf.biglobe.ne.jp