こうご司法書士事務所ブログ 未分類
fc2ブログ

こうご司法書士事務所ブログ

調布市西つつじヶ丘(東京都多摩地域)の「こうご司法書士事務所」のブログです。調布市、三鷹市、武蔵野市、府中市、狛江市等の多摩地区を中心に、相続、相続登記、不動産登記、商業登記、成年後見、過払い金返還請求等の業務を行っています。

失踪届提出、10日以内は短すぎないか?

 調布市西つつじヶ丘にあるこうご司法書士事務所の司法書士の向後です。

 今回は、失踪届について考えてみたいと思います。

 相続人に行方不明者がいるときなどに、失踪宣告を申し立てることがあります。
 失踪宣告が出ると、行方不明者は死亡したとみなされます。

 しかし、実務的には、若干異なります。
 失踪宣告の審判が出て、確定した後、市役所(区役所)に失踪届を出さなくては、戸籍上、死亡した扱いにはなりません。
 そして、如何に死亡したとみなされようが、戸籍に死亡の記載がなされない(戸籍上死亡した扱いにならない)うちは、相続手続きを進めることはできません。
 相続手続きには、行方不明者が死亡されたことが記されている、除籍謄本が必要になります。

 従って、事実上は、失踪届を出して、戸籍に死亡の事実が記載されて、初めて、死亡したとみなされることになるのです。
スポンサーサイト



[ 2022/10/09 13:38 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

事務所を移転しました

 この度、こうご司法書士事務所は、調布市深大寺北町から、調布市西つつじヶ丘に移転しました。

新事務所
こうご司法書士事務所
東京都調布市西つつじヶ丘3丁目26番地7
アーバンフラッツMA202

旧事務所
こうご司法書士事務所
東京都調布市深大寺北町2丁目29番地11
グランパルクノース102

 新事務所は、つつじヶ丘駅のすぐ近くです。
 駅の近くに移転することで、より多くの皆様にご利用していただきやすくなると思いますが、移転後も、調布を中心とした多摩地区に地域密着で営業していけたらと思いますので、今後とも、よろしくお願いいたします。
[ 2022/10/08 16:26 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

「管理人のみ閲覧できます」というコメントへの返信方法

 新年あけましておめでとうございます。
 東京都調布市のこうご司法書士事務所です。

 今年最初のブログ投稿になりますが、しばらくブログを更新できずにいました。
 セミナーを開催することになったり、土日が司法書士会やリーガルサポートの研修で埋まっていたり、後見の定期報告と新規就任が重なったりと、ちょっとばたばたしていました。

 年末から新年にかけてようやく落ち着いたので、新年のご挨拶も兼ねて、ブログを久々に更新してみました。

 さて、このブログをしばらく放置してしまっているうちに、「管理人のみ閲覧できます」というコメントが届いていました。
 コメントをくださった方、ありがとうございます。

 しかし、「管理人のみ閲覧できます」と書いてあるコメントに、誰もが読める形でレスをするのは非常にためらわれます。
 かと言って、コメントをくださった方のメルアド等も分からないので、どのようにコメントにレスをすればよいか苦慮しています。

 かなり前にいただいたコメントですが、もし、まだコメントをくださった件について私のレスを欲しいと思ってくださっているならば、本欄にコメントをするか、事務所のメールアドレス宛にご連絡いただければと思います。
その際に、どのような方法でコメントを返せばよいか、ご教示いただけると幸いです。

 よろしくお願いいたします。

[ 2017/01/05 16:48 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

法務局での登記相談の事前予約制導入へ

 東京都調布市のこうご司法書士事務所です。

 すでに法務局に備え付けてあるパンフレット等でご存知の方もいらっしゃると思いますが、東京法務局管内の法務局における不動産登記および商業・法人登記に関する相談について、登記相談の事前予約背が導入されることになりました。

 現在は、予約なしに法務局に行き、金融機関等においてあるのと同様の整理券発行機で整理券を引き、順番が来たら窓口に行き、相談を行うという方法がとられています。
 それが、平成28年9月1日からは、原則として登記相談に事前予約制が取られることになるのです。

 法務局のパンフレットには、
「予約されているお客様を優先させていただきます。予約をされていないお客様は、長時間お待ちいただいたり、来庁当日に相談をお受けできない場合があります」 
と記載されているので、事前予約制導入以降も、予約なしでも相談が受けられる余地はありそうですが、登記相談をする場合、事前予約をしたほうが間違いなさそうです。

 また、東京法務局のパンフレットには、
「登記の申請人は、土地・建物の名義人や会社・法人の代表者です。それ以外の方については、相談をお断りする場合があります。」 
 とも書かれています。

 導入後すぐに、申請人以外による登記相談の受け付けないわけではないでしょうが、運用によっては、登記申請人及び資格者代理人以外の相談を受け付けないようになるのか、気になるところです。


 なお、登記の代理をできるのは司法書士と弁護士のみですが、司法書士及び弁護士については、登記相談の事前予約制ではなく、書面による問い合わせという別の相談方法が採られることになっています。
 単なる登記相談ならそれでもよいのですが、法務局によって取り扱いが異なるようなケースで、事前に法務局(登記官)の見解を確認しておきたいような場合にまで、窓口での相談ができず、書面による迂遠な相談方法しか取りえないとしたら、ちょっと疑問が残るところです。


 ちなみに、この登記相談の事前予約制は、東京法務局管内の法務局についてのものであり、他の法務局で今後どのような取り扱いが行われるのかはわかりません。
 しかし、以前に比べて、登記相談窓口が混みあっており、このままではパンクしかねない印象を受けているので、事前予約により、相談窓口の負担軽減を図る取組は、今後拡大していくのではないかというのが、私の予想です。


[ 2016/06/12 14:41 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

レターパックで怪我をする??

 東京都調布市のこうご司法書士事務所です。

 今日の午後は、立川にある東京司法書士会三多摩支会の事務局に行って、定時総会要領の封入作業のお手伝いをしてきました。

 東京司法書士会には三多摩支会があり、本会だけでなく、三多摩支会にも総会があるのです。
 その、三多摩支会要領等をレターパックにて三多摩支会の各会員に送付するわけですが、その作業を行いました。

 作業自体は1時間弱であっという間に終わりましたが、レターパックに封をする作業中、怪我?をしてしまいました。
 
 レターパックには両面テープが付いており、それの保護シールを剥がしていくのですが、何十通と剥がしているうちに、爪の間を。保護シールの角で痛めてしまいました。
 保護シールを爪で剥がしていたのが良くなかったようです。

 怪我というほどのものではないのですが、結構痛いです。
 訴訟社会のアメリカであれば、日本郵便を訴える人がいるかもしれないですね(笑)。


 さて、三多摩支会の総会は5月18日に開かれますが、東京会本会の総会も同じ週の土曜日の5月21日に開かれます。
 実はこれまで、総会に参加したことは一回もなかったのですが、今回は三多摩支会の総会も東京会の総会にも、両方参加することになりそうです。

 というのも、三多摩支会のほうは、受付等を手伝うことになっていますし、東京会のほうは調布支部の代議員になってしまったからです。
 どちらも、嫌々行くわけではないですが、自主的にというより、外的要因によって、総会に初めて出席することになったというわけです。
 
[ 2016/04/25 20:08 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

こうご司法書士事務所

Author:こうご司法書士事務所
相続・後見・登記・債務整理など、調布、三鷹、武蔵野を中心に、多摩地区、東京近郊、そして全国からのご依頼お問い合わせをお待ちしております。

事務所概要
こうご司法書士事務所
司法書士 向後弘之
東京都調布市西つつじヶ丘3-26-7
アーバンフラッツMA202
TEL042-444-7960
FAX042-444-7986
HP こうご司法書士事務所
Email gsktn@kyf.biglobe.ne.jp